テーマ:今週の「功名が辻」

「功名が辻」総集編

先日最終回を迎えた「功名が辻」ですが、総集編も一応見ました。 本放送で全部見たというのに、しかも今は旅行中(東京の姉の家に 泊まってます)なのに、ながら見とはいえ、前編後編両方とも見て しまいました。姉と2人で。クリスマス・イブなのに…何やってんだ、私。 最終回の回想シーンを見たときにも思いましたが、改めて見…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

今更ですが「関が原」

大河ドラマ「功名が辻」は終わってしまいましたが、ドラマの元ネタの ひとつと言われている司馬遼太郎の「関が原」を読みました。今頃に なって読んでどうすんだ、という気もしますが…ええ、いつもそうなん です、私。。。 この小説は、東軍の徳川家康と、西軍の石田三成の両方の視点で 「関が原の戦い」を描いています。なんつー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「功名が辻」第49話。

大河ドラマ「功名が辻」がとうとう最終回を迎えました。今年の1月に 第1話を見たときは、「続くんかな~」とか「1話くらいは見逃すだろ」とか 思っていたのですが、結局49話全部見て(一部ビデオを含む)、全部感想を 書いてしまいました。この1年の私の行動範囲の狭さがよくわかる…。 先週のラストで倒れた一豊ですが、一命は…
トラックバック:22
コメント:30

続きを読むread more

「功名が辻」第48話。

今年の大河も残り2話となりました。月日のたつのは早いものです。 第1話からずっと感想を書き続けたのだから、最終回まできっちりと… と思っていたのですが… 私事ですが、この第48話が放送される前日、ひどく精神的にダメージを 受けることがありまして、今回の感想は大幅に省略させていただきます。 とはいえ、今回…
トラックバック:20
コメント:16

続きを読むread more

「功名が辻」第47話。

大河ドラマ「功名が辻」、第47回のサブタイトルは「種崎浜の悲劇」です。 とうとうこの日が来てしまいました。原作を読んだとき、ドラマでどう表現 するのかものすごく気になった種崎浜の回が。 オープニング。例の「シャーン!」の場面で六平太の名前が出たとき、 それだけで「うっ…」となってしまいました。ほんと、あの「シ…
トラックバック:23
コメント:12

続きを読むread more

「功名が辻」第46話。

あれこれと忙しくて、先週の「功名が辻」以降更新が止まってました。 はやくディズニー旅行記を書き終えなくては…。 先週土佐二十万石を拝領した一豊ですが、土佐では長宗我部の残党& 一領具足が新しい国主の入国を拒んでいて穏やかではありません。 お人よしの一豊君も、ここでいよいよびしっと決めなければいけないわけ …
トラックバック:20
コメント:19

続きを読むread more

「功名が辻」第45話。

早いもので今年も残すところあと2ヶ月足らず。「功名が辻」も今週を含めて あと5話のみとなりました…って最近こんな前振りばっかりだなぁ。今週の サブタイトルは「三成死すとも」。先週このサブタイトルを見たときは「自由は 死せず」ってか?と思いましたが、三成の場合「義は死せず」なのか…? 逃亡の果てにとうとう家康方に捕…
トラックバック:22
コメント:14

続きを読むread more

「功名が辻」第44話。

毎週見続けた「功名が辻」ですが、いよいよ今週は天下分け目の関が原の 決戦です。もう残り数話しかないのに、どうやって話をまとめるつもりなのかと ドキドキしながらテレビの前に座ったのですが…。 午後8時ジャスト、「功名が辻」とタイトルが出たのを見てドキドキしていたの ですが、出てきたのはなんと 着物を着た三宅ア…
トラックバック:20
コメント:14

続きを読むread more

「功名が辻」第43話。

テレ朝のフィギュア番組に心をひかれつつ、「功名が辻」の第43話を 見ました。サブタイトルは「決戦へ」。前回引越しのサカイの人が仕事 きっちりで届けた書状を、一豊はいかに活用するのか。旦那様の腕の 見せ所です…って、そもそもそんな技量、一豊にあったっけ? 千代が孫作に届けさせた書状を持って、一豊は家康に謁見を願…
トラックバック:20
コメント:18

続きを読むread more

「功名が辻」第42話。

みなさんこんばんは。「功名が辻」第42話の感想です。今週のサブタイトルは 「ガラシャの魂」ということで、ハセキョー演じる細川ガラシャがメインになる みたいですが、散々サブタイトルとドラマの内容が食い違ってきたこの 「功名が辻」のことですから、どうなることかと思っていたのですが…。 オープニングのテロップ、…
トラックバック:22
コメント:21

続きを読むread more

「功名が辻」第41話。

今年1月から毎回欠かさず書いてきたこの感想も、残すところあとわずかに なりました(なんか先週も似たようなこと書いた気が…)。来年の「風林火山」 をどうするか迷っているのですが、さてどうしましょう。千葉ちゃんとウッチー とGacktのために、やはり続けるべきなのか…? 今週のオープニングは、「シャーン!!」と鳴…
トラックバック:18
コメント:16

続きを読むread more

「功名が辻」第40話。

今日は日テレでものまね番組があったので、功名が辻の前後に それを見てたら感想を書くのが遅くなってしまいました…もちろん 大河の時間はザッピングなんてせずにちゃんと見てましたよ、ええ…。 1月から始まった「功名が辻」も、とうとう40話目になりました。今週を含め あと10話で千代と一豊を土佐に連れて行かなければい…
トラックバック:21
コメント:22

続きを読むread more

「功名が辻」第39話。

みなさんこんばんは。「功名が辻」の感想のお時間です。今週のサブ タイトルは「秀吉死す」。いよいよ秀吉もあっちの世界へいっちゃうようで… っていうかある意味ずっと前からイっちゃってますけどね。 冒頭。秀頼の元服式。秀吉はお歯黒してます。その後ろに北政所と淀。 背景が真っ白なのでイメージ映像っぽいです。 で…
トラックバック:19
コメント:19

続きを読むread more

「功名が辻」第38話。

先日地元のNHKのニュース番組を見てたら、高知県で「功名が辻」がクランク アップしたというのをやってました。ラストシーンのロケの様子がちらっと出て きて、「まさか最終回のネタバレをこんなに早くに見てしまうとは…」と少々 ブルーな気持ちになってしまいました。 気を取り直して、今週の感想です。第38話のサブタ…
トラックバック:14
コメント:14

続きを読むread more

「功名が辻」第37話。

みなさんこんばんは。連休はいかがおすごしでしたでしょうか。17日は私も 旅行で家を留守にしていたので、第37話はビデオに録画したのを見ました。 で、火曜日になって詳しく感想を書くのもなんなので、今回は短めに。。。 37話のサブタイトルは「太閤対関白」。淀君が拾を生んだので、関白である 秀次の立場はあやうくなってき…
トラックバック:10
コメント:16

続きを読むread more

「功名が辻」第36話。

みなさんこんばんは。「功名が辻」第36話の感想です。今週もバランス ボールに乗って見ました。しかしあれってずっと乗ってると、降りてからも 体が揺れてる感じがするんですよね~。だからこれ書いてる今もゆらゆら ゆらゆら…馬にずっと乗ってても、似たような感じがするのかしら。 のっけからなんですが、来週は旅行に行くの…
トラックバック:15
コメント:15

続きを読むread more

「功名が辻」第35話。

みなさんこんばんは。もうすっかり秋ですね…といいたいところですが まだまだ暑いです。暑い時期でも戦場では鎧兜をつけてたんだから、 戦国武将は大変だったでしょうね。脱水症状とかならなかったのかな? 今週のサブタイトルは「北条攻め」でした。豊臣の天下統一の総仕上げ、 小田原の北条攻めです。今年の大河は経費削減のためか…
トラックバック:14
コメント:19

続きを読むread more

「功名が辻」第34話。

みなさんこんばんは。ハンカチ王子のフィーバー、いまだにやみませんね。 あまりの加熱ぶりに、だんだん王子が気の毒になってきました。…なんて いいつつ、私もテレビやネットをチェックしているんですけどね。 さて、今週の感想ですが、第34話のサブタイトルは「聚楽第行幸」。聚楽と いえば、上野公園の近くにある…って、そ…
トラックバック:13
コメント:17

続きを読むread more

「功名が辻」第33話。

日曜日だというのに、今日の午後は甲子園の決勝戦にまるまる つぶれてしまいました。日本中にこういう人多いんじゃないでしょうか。 さて「功名が辻」第33話ですが、サブタイトルは「母の遺言」。この“母”は 一体誰を指すのか…。 ※今週は見ている時ちょっと眠かったので、話の順番が間違ってるかも しれません。ご了…
トラックバック:15
コメント:12

続きを読むread more

「功名が辻」第32話。

みなさんこんばんは。お盆ですね。地獄の釜の蓋があいてますので、海で 泳ぐときはご注意を。さて、前置きはこれくらいにして「功名が辻」第32話の 感想です。先週のよね姫の他界から、一豊と千代は立ち直れるのでしょう か…? 冒頭の解説で、秀吉が天下を取った後でも家康の懐柔に苦労したことが説明 されてました。そ…
トラックバック:10
コメント:10

続きを読むread more

「功名が辻」第31話。

「功名が辻」第31話のサブタイトルは「この世の悲しみ」。先週から 覚悟はしていましたが、放送時間が近づくにつれ、テレビの前で 家族全員緊張してしまいました…。夏休みで帰省している姉の 娘たちにも、その雰囲気は伝わったようで…。 冒頭で、秀吉のキンキラ趣味が紹介されてました。黄金の茶室って、 趣味悪いですねー。で…
トラックバック:15
コメント:18

続きを読むread more

「功名が辻」第30話。

毎週恒例のこの「功名が辻」の感想も、今日で30回目を迎えました。 第1話の感想を書いたときから、もう半年以上が経ってるんですね。 この半年の間に、一豊君も成長してとうとう城持ちになりましたし…って ドラマの中ではもっと時間が経ってるっちゅーねん。 今回のサブタイトルは「一城の主」。城持ちになったことで、一豊君…
トラックバック:11
コメント:12

続きを読むread more

「功名が辻」第29話。

「功名が辻」第29話の感想です。今週のサブタイトルは『家康恐るべし』。 今回の大河はサブタイトルと内容が微妙にズレてることが多かったので、 「今回は大丈夫か?」と心配してたのですが、さて・・・。 秀吉は自らの権力を誇示するために、大坂城の建造に着手します。 寧々は秀吉が大坂城を建てるのは茶々のため、と睨んでい…
トラックバック:12
コメント:10

続きを読むread more

「功名が辻」第28話。

「功名が辻」第28話、冒頭は舘信長と大地お市の方のそれぞれの 最期の場面でした。こうやって並べて見ると、激しい兄妹ですなぁ。 2人が亡くなった今、物語はエピローグを迎え…ってまだ一豊君の 出世物語は始まってもいませんでしたね。はっはっは。失敬。 本編。賤ヶ岳の論功行賞の行われる朝、一豊君は自分が今回の手柄(?…
トラックバック:12
コメント:14

続きを読むread more

「功名が辻」第27話。

みなさんこんばんは。「功名が辻」の感想の時間がやってまいりました。 今週のサブタイトルは「落城の母娘」。先週は吉兵衛が華々しい最期を 遂げましたが、今週はついにお市様が…。信長から秀吉へ。これから 登場人物がどんどん入れ替わっていくんでしょうね。ちょっと寂しい。 吉兵衛が亡くなって、たきは山内家を去ること…
トラックバック:7
コメント:9

続きを読むread more

「功名が辻」第26話。

この週末、大阪へ行って劇団新感線の「メタルマクベス」を見てきました。 来年の大河の主役の内野さんが、歌って踊って大活躍してました。行った からにはレビューを書かなくてはいけないのですが、なんか最近忙しいので 時間がかかりそうです。ブラジル負けちゃうなんて…あーあ。 今回のサブタイトルは「功名の旗」。秀吉に対す…
トラックバック:6
コメント:7

続きを読むread more

NHK大河ドラマストーリー 「功名が辻」 後編

前編にひきつづき、後編も買ってしまいました。まさか自分がここまで 大河にはまるとは…。表紙の2人、前編の表紙の貧乏くささから一変、 なかなか豪華な装いです。って上川さんはあんまり変わらないか。 本能寺の変も終り、時代は信長から秀吉へ。この本の内容も前編より 秀吉、家康の比重が大きくなってますね。俳優陣も、演じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「功名が辻」第25話。

日本×ブラジル戦、早起きして見てたんですが、やっぱり負けちゃい ましたね。川淵さんの「オシム発言」、ホントに失言なのか怪しい…。 これで今回の惨敗からマスコミの気をそらすことができましたしね。 第25話は6月最後の放送ですので、「功名が辻」もとうとう前半が終了した ということになります。それを記念すべく、今後の展…
トラックバック:5
コメント:12

続きを読むread more

司馬遼太郎「国盗り物語」

大河ドラマ「功名が辻」のもう1つの原作(と私が思っている)、 「国盗り物語」をやっと読み終わりました。新潮からぶ厚めの 文庫で全4巻。なかなか読み応えがありました。 物語は前半が斉藤道三編、後半が織田信長編となっておりますが、 後半の主人公は信長ではなく明智光秀でした。私は道三も光秀も あまり詳しくなかったので、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「功名が辻」第24話。

みなさんこんばんは。W杯盛り上がってますね。あまりに盛り上がって いるので、今日が父の日だということをすっかり忘れていました。で、 今日は日本×クロアチア戦の日。なのでW杯が気になって、ドラマを 落ち着いてみることができませんでした。いやー、今日が本能寺の変じゃ なくてよかったなぁ。はっはっは…。 冒頭、信…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more