「風林火山」第50話(最終回)。

今年の大河もとうとう最終回を迎えました。昨日(15日)はスタジオパークに
亀治郎さんがゲストでいらしてました。久しぶりに「あ~ま~り~」の映像が
流れたのですが、あの眉毛の上下運動は何度見てもすごいですね…。






大河が始まるまでテレ朝でグランプリファイナルを見ていたのですが、8時に
なるちょっと前にチャンネルをNHKに変えたところ、な、なんとそこには

温泉につかるカピバラの図が!!

えー今日はいつもより「風林火山」始まるの早いの?と驚きましたが、これは
ダーウィンが来た!の新春スペシャルの予告でした…いやもうマジでびっくり
しました。最終回にしてお屋形様がとうとう本来の姿に戻ったのかと思って。
(←フグじゃなかったのか)

カピバラ@温泉の強烈なショックから立ち直れぬまま、本編スタート。今週は
最終回なので「あの人はいま」みたいな内容になっていました。まずは

・於琴姫&三条夫人
フグが川中島で戦っている最中、なぜか於琴姫のもとを訪ねる三条夫人。
久々登場の於琴姫ですが、なんと身篭っていました。フグいつのまに…つか、
あんた出家したはずやん!!
出家しても子供は作るのか…ほんとに「武士の出家はあてにならない(byリツ)」
ですね。三条夫人と於琴姫の会話の内容はたわいもない、というか三条夫人が
独り言を言ってるだけでした。三条夫人の口から勘助の名が出てましたが、
三条夫人も勘助を認めたということでしょうか。というか、三条夫人が勘助をどう
思っていたかなんて、ドラマ後半ではほとんど出てきませんでしたけどね。
それにしても、正室で年上のはずの三条夫人が於琴姫より若く見える…。
実年齢がそうだから仕方ないのかもしれないけど、三条のカツラに白髪を入れる
とか、もう少しトシ取った感出してもよかったんでねーの??

・甘利&板垣
勘助の回想シーンで、上田原の戦いでの甘利と板垣が登場。いま思い返しても
2人とも壮絶な最期でしたね。甘利の扱いはちょっと軽かった気がするけど。

・まわりくどい由布姫
本陣を離れて戦のまっただなかに突撃しようとする勘助の袖を、大霊界から
由布姫が引き止めました。由布姫の「死んではなりませぬ」という言葉を耳にした
勘助、ここでやっと「なりませぬ」@諏訪の意味を悟ります。「なりませぬ」は
勝頼の初陣がどうとかいうのではなく、自分が死んでは「なりませぬ」だという
ことを。もー、姫しゃまが中途半端な言い方するから、勘助わかんなかったじゃ
ないの。それとも諏訪では電波の調子が悪くて、うまく伝わらなかったとか?
(ひょっとしたら、この姫しゃまの言葉はすべて勘助の妄想の可能性も
あるけどな!!)
ところで、この場面はぶつぶつ独り言言ってる勘助の顔のどアップでしたが、内野
さんの顔芸とあわせて相当ヤバイ雰囲気が漂ってました。カメラが引きになった
時、勘助の周囲に誰もいなくなってたのは家来が勘助の電波ぶりにどん引きした
からなのかと一瞬思ってしまいました。

・そしてサプライズゲスト!
「あの人はいま」のトリを飾るのは、妻女山から戻る幸隆たちを迎え撃った村上
義清
でした。義清を見た幸隆は驚いてましたが、見てるこちらはもっと驚きました。
「あんたまだ出番あったん!?」
と。まあ、オープニングのテロップ見れば判ったんだけどね。ただ、まさかこんな
登場の仕方とはね…そしてその後どうなったのか出てこないしね。
(信玄が亡くなる年まで生きていたそうですが)

三条夫人とか義清とか、間にいろいろ挟むので川中島の戦いはぶつ切りになる
ことが多く、あまりテンポの良い最終回ではありませんでした。個人的には最後
の「風林火山紀行」の内容をドラマ内でやってほしかったのですが。勘助が義信を
武田の跡取りとして認める場面があったのに、その後義信に謀反の疑いがかけ
られた、とナレーションで言われるだけで終わるのは残念でした。鎧兜姿の義信を
見られたのはよかったけどね~。フグの息子と思えないイケメンぶりで。

川中島の戦いの見所は、フグVS宇宙人の一騎打ちの場面ですが、その前に
勘助と宇佐美が馬上で戦っている間を白馬に乗った宇宙人が「ハイヤ~!!」
とばかりに駆け抜けていく様子はまるでコントのようでした。あんなんアリかい、
と。そしてそのまま合戦のど真ん中を突き抜けて、フグに襲い掛かる宇宙人。
フグは宇宙人の太刀を軍配で受け止めてかわしました。ここで武田の兵が弓か
鉄砲で宇宙人をバキューンとやれば一件落着だったんですけどねぇ。あ、でも
宇宙人は自分の周囲にサイキックバリヤーを張ってるから無理なのか。そうかぁ、
バリヤーがあるから敵陣のど真ん中を駆け抜けられたのね。なっとく。

フグは「三太刀かわしたのに七太刀傷跡がのこっておる」と言ってましたが、何故?
宇宙人は目に見えない速さで太刀を振るっていたってことなのかしら??最終回
なのに妙な謎を残さないで欲しいです。

去っていく宇宙人を馬で追う勘助ですが、敵の矢が胸に刺さり、馬から転げ落ち
ます。普通に考えればここで絶命でもおかしくないのですが、そこは主人公。まだ
まだ死にません。雑兵たちに斬られても、槍で突かれても、はたまた鉄砲の弾を
腹に何発もくらっても、しぶとく生きています。平蔵なんか矢が1本当たっただけで
ばたっと倒れて動かなくなったというのに(最後には生き残ってたけど)。

満身創痍、というかほとんどゾンビ状態でしつこく生きていた勘助は、妻女山
からの援軍が到着したのを見届けて、絶命。敵方の誰かに首を討ち取られた
ようです。とりあえず、あの姫しゃまが迎えに来る最期じゃなくてほっとしました。

川中島の戦いは、前半が上杉優勢、後半が武田優勢で結局決着はつきません
でした。宇宙人は陣中で「この世は一炊の夢」とかなんとか言ってましたが、
これは謙信の辞世の詩とかけているのでしょうか。この軍議の場ではKY発言に
しか思えませんでしたが。

戦いすんで日が暮れて、武田の陣中では家来達が苦労して敵から信繁と諸角の
首を取り戻していました。どうやって取り戻したんでしょうね。そして勘助の亡骸
も。首を切り落とされた胴体を伝兵衛が運び、敵に奪われた首を太吉が取り
戻してきました。2人とも本当にグッジョブです。正直、今週はここで一番じーんと
しました。

リツは勘助の死を摩利支天の像が動いていたことで悟りましたが、ここはありえ
なさすぎて引きました。これじゃ普通にオカルト現象じゃないですか。もうちょっと
像がひび割れるとか自然な(?)感じにしてほしかったです。

勘助の安らかな死に顔を見て、勝ち鬨の声を挙げるフグ。しかし人数が少なすぎ
てなんか寂しい雰囲気です。この状況だけ見たら、武田が負けたみたいに見え
ます。まあ、これは「勘助を愛した人たちだけの勝ち鬨」なのだから、これでいいの
かもしれないのですが。

最後に加賀美アナのナレーションが流れて、これで終わるかとおもったらシメは
なんとミツでした。戦場に咲く白い花と、勘助の眼帯。とんでも演出が多かった
最終回ですが、ラストだけはきれいにまとめてくれました。まあ、振り返ると色々
ひっかかるところが多いのですが…。

最後、平蔵はおふくに拾われて助かるのでしょうね~。しぶとい…でももし
スペシャルで続編があったとしても、生き残った平蔵が川中島を振り返る、
なんて内容にはしないで欲しいですね!


さて、1年間続いたこの「風林火山」感想も今回で終了です。これまでお付き合い
してくださった皆様、どうもありがとうございました。途中で挫折しそうになったこと
もありましたが、読んでくださる皆様のおかげでなんとか1年やり通すことができ
ました。大河ブロガーのみなさん、一年間お疲れ様でした。それでは、

2009年「天地人」でお会いしましょう!!

…あ、でも主役によっては見ないかもしれない。。。


この記事へのコメント

ぱるぷんて海の家
2007年12月16日 23:26
一年間お疲れ様でした。
宇宙人の中央突破は漫画スギでしたね。
軍師二人「いまなんかとおったぁ?」状態でした。

今年一年お陰様で楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございました。
来年はホームドラマらしいので見ないかも知れませんが、今後ともよろしくです。
りん
2007年12月16日 23:39
最後の最後までレビュー笑かせて頂きました。
一年間お疲れ様でした!
本当はもっとコメントさせて頂きたかったんですけど、今年初めて大河を観た身分なもので(^_^;控えておりました。
でもトンデモなく面白いレビューを読ませて頂けて更にドラマが楽しめましたよ。ありがとうございました~。
のの雪
2007年12月16日 23:44
お疲れ様でした~
レビュー毎回楽しませていただきました^^
それぞれいろんな見かたがあっておもしろかったです♪
1年間お世話になりました^^
ミチ
2007年12月17日 00:17
こんばんは♪
毎週お付き合いくださってありがとうございました!
由布姫の「なりません」は四郎に向けた言葉だったのか、勘助への言葉だったのか、勘助は都合よく解釈してましたが、私は妄想だと思います(笑)
三太刀なのに七つの傷、動く摩利支天など、いろいろ謎を残しましたね~。
また機会があったらよろしくお願いいたします☆
2007年12月17日 00:19
>2人とも本当にグッジョブです
ほんと、序盤から出ている2人だけに
『良い仕事』をもらっていましたよね。。。いやちがう。
感動シーンでしたね。
うさ
2007年12月17日 00:25
1年間ありがとうございました★
カピパラ・・・見逃したので残念!

最後まで宇宙人は宇宙人でしたね(笑)あまりの馬の速さにビックリしましたσ(´ x `;*)
ラストは伝兵衛と太吉が生き残ってくれて本当に良かったなぁと思いました。この二人、ほんとにグッジョブです★
スペードのA
2007年12月17日 01:20
もちきちさん、こんばんは。
一年間いろいろとありがとうございました。
私もカピバラ見ましたが、最近NHKも洒落が分かるようになったと思います。村上義清も驚きましたが、思ったより元気そうで良かったです。
また何かありましたら宜しくお願い致します。
なおみ
2007年12月17日 08:50
もちきち師匠、おはようございます。
>この姫しゃまの言葉はすべて勘助の妄想の可能性もあるけどな!!)
そう考えると全て辻褄が合うような気がしますね。最後のお言葉は「由布姫」じゃなく「ミツ」でしたしね。
>最終回なのに妙な謎を残さないで欲しいです。あれなんでですか?何が言いたかったんでしょう?スローモーションのフグVS宇宙人もかなり怖かったんですが(><)
>正直、今週はここで一番じーんとしました。
ワタシもでしたよ。主人公が死んだことより、あの二人の行いに泣けましたね。そしてあの二人は生き残って良かったですね。
いや~途中からでしたが、今までありがとうございました。もちきちさんとの出会いによって楽しさも倍増でしたよ◎お疲れ様でした。
最後に〆に「ベスト3」の投票に是非ご参加ヨロシクお願します。
おりょう
2007年12月17日 11:06
こんにちは
1年間ずっと笑わせてもらっていました。どうもありがとう~。
そう、最終回は ぶつ切りで結局泣くこともなく終わりました。それよりも、突っ込みどころがいつになく満載で おもしろかったです。
来年も(私は書かないのですが・・^_^;)レビュー楽しみにしていまーす。
お疲れ様でした。ありがとうございました。
さくらこ
2007年12月17日 14:31
もちきちさん、一年間お疲れ様でした。
とても楽しかったです。

政虎が白馬で突破すれば、バリアーか!?
と思ったり、越後と駿河の海を欲しがる晴信に、
魚類だから?
と、つい私まで思ってしまい、もちきちさんの影響はかなりなものでした。

自分のレビューには他の人の特色を持ち込まないようにと意識していたのですが、かなりキツかったですね。(笑)

いつも総集編では主要人物たちが素顔で出てきてますが、今年もかな。

ずっとお付き合い、どうもありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

いつもフグって本当はとってもさっぱりと小さいんだ、って驚かされます。
スタジオパーク、見ましたよ。

温泉カピバラは、見てないんですが、録画してあるんで、後で見ることにします。(笑)
さくらこ
2007年12月17日 14:33
先ほどのコメントの最後のほう、何故だか文章の順番がばらばら???、おかしくなってますが、適当に編集して読んで下さい~。
くみ
2007年12月17日 20:33
お疲れ様でした。

今年もちきちさんは大河レビューに大きな功績を残されましたね。

晴信を「フグ」と命名。

さすが我が心の師!!

えっ来年は見ないんですか!!??
もちきち
2007年12月17日 21:39
>ぱるぷんて海の家さん
>漫画スギ
確かに漫画みたいでした…。Gackt謙信自体マンガ(アニメ?)のキャラみたいですし。
今年はフグとか宇宙人とか人間以外のキャラがたくさん出てきて面白かったですが、来年は人間しか出てこないみたいですね。
一年間おつきあいいただき、ありがとうございました。ぺこり
もちきち
2007年12月17日 21:43
>りんさん
いえいえ、私が書く文章が面白いのではなくて、フグと勘助と宇宙人がオモロイのですよ。
拙い文章ですが、読んでくださってありがとうございましたm(__)m
もちきち
2007年12月17日 21:44
>のの雪さん
こちらこそコメント&トラバありがとうございました。
一年間お世話になりました☆来年は…ビミョー…。
もちきち
2007年12月17日 21:48
>ミチさん
>妄想
実は風林火山全50話は、浪人勘助が飯を炊いてる間に見た妄想だった…これぞまさしく一炊の夢!?ではありませんでしたね。ははは。
あの摩利支天、夜中に勝手に動いたりカタカタ鳴ったりしそうで怖いです。三太刀なのに七太刀はまったくもって意味不明です。
一年間おつきあいいただき、ありがとうございました☆これからもよろしくお願いいたしますです。
もちきち
2007年12月17日 21:50
>レベル999さん
いや~、まさか伝兵衛と太吉がこれほどいい仕事をしてくれるとは思いませんでした。ダレ気味だった最終回で一番感動的なシーンでしたね。
もちきち
2007年12月17日 21:52
>うささん
>馬の速さ
あ、もしかしたらあの白馬は宇宙人が改造したサイボーグ馬なのかも?だから普通の馬にはついていけないスピードが出てたんですよ。うんうん。
カピバラは1月3日のダーウィンが来た!に登場するようです。お正月草々、お屋形様にまた会えますよ♪
一年間ありがとうございました。お疲れ様でしたー!!
もちきち
2007年12月17日 21:56
>スペードのAさん
こちらこそ一年間ありがとうございました。
村上義清は元気そうでしたね。焼き魚を持って出てきてくれるともっとよかったのですが。
これからもよろしくお願いいたしますです。
もちきち
2007年12月17日 21:59
>なおみさん
宇宙人が襲ってきたとき、フグは泰然と構えていましたが、あれはもしかしたら寝てたのかも…?宇宙人は長太刀ではなくフグ引き包丁を持っていくべきでしたね。そうすれば立派なフグ刺しができたのに。
ベスト3、ただいま考え中です。しばしお待ちくだされ。
もちきち
2007年12月17日 22:03
>おりょうさん
最終回は回想シーンが多くてテンポがいまひとつ良くなかったですね。突っ込みどころは、やっぱりガックンかな?酒飲んで馬乗ってたらものすごく酔いそうだな~と思いながら見てました。
来年は…ビミョーです…。
トラバ&コメントありがとうございました。
おりょうさんもお疲れ様でした。これからもよろしくです!
もちきち
2007年12月17日 22:08
>さくらこさん
そうそう、亀治郎さんはフグじゃないときはすっきりしたお顔なんですよね~。どうしてフグを演じる時はあんな真ん丸になっちゃうんでしょう。小顔メイクの逆バージョン?
一年間おつきあいいただき、ありがとうございました。ぜひ録画でカピ様を堪能してください(一瞬ですが…)
もちきち
2007年12月17日 22:14
>くみさん
いえ、もし亀治郎さんが普通に信玄を演じていればこんなことには…あの眉毛の上下運動、意味不明のカメラ目線、変なもみ上げ…子供が見たらトラウマになること間違いなし!な顔芸のオンパレードでしたね。
来年のキャストは、今年のように変なあだ名つけるとファンの怒りを買ってブログ存続の危機に陥りそうな出演者がいるので、ちょっとレビューは…と思っております。ハイ。
トラバ&コメントありがとうございました♪これからもよろしくお願いしますね。
琉河岬
2007年12月18日 00:30
こんばんは!
一年間、お疲れ様でした。
もちきちさんのセンスに大笑いさせて頂いた一年でした。

>生き残った平蔵が川中島を振り返る、なんて内容にはしないで欲しいですね!
総集編がそうなりそうな気配ですね・・。平蔵が語る風林火山!何かショボイ・・。

>2009年「天地人」でお会いしましょう!!
何かの見間違いかと思って何度も見直しましたが、篤姫が見事にスルーされている!
江守徹や「春風亭の人」はブロガーのツッコミ専用役者だと思っていたのですが・・・。タイゾーは狙いすぎていてツッコミたくありませんが。

ではまた再来年にお会いしましょうね(笑)
一年間本当にありがとうございました。
もちきち
2007年12月18日 23:36
>琉河岬さん
>平蔵が語る風林火山
ショボイ…ショボすぎる。それならリツの祝言で号泣する鬼美濃とか、その後の伝兵衛&葉月とかが見たいです。
>篤姫
そうですね~。毎年第1話は必ず見るので、レビューを書くかどうかは第1話を見てから決める事にします。もし書いたら今年以上に本筋から脱線しまいそうですが(汗)
私のことはともかく、琉河岬さんのレビュー、来年も楽しみにしておりますです。
一年間おつきあいいただきありがとうございました。

kiriy
2007年12月19日 00:22
こんばんは~☆
最後まで遅れを取ってしまいました。
最終回だと言うのに、いろいろ変なシーンが一杯で、楽しませてくれましたね。特に、仏像が動くと言うオカルト現象には、笑わせてくれました。でも、他にそのことに触れている人がいなかったので、あまりのシーンにみんな記憶が抜け落ちてしまったのかと寂しく思っていました。それとも最終回なので、皆様見逃してあげたのでしょうか。移動距離がありすぎますよね。テレポかなとか、いろいろ考えさせられる印象に残るシーンでした(笑)私も転がっているだけでいいのにと思いましたよ。

最終回のコメントがこれかいってなもんですが、どうしてもこの話がしたかったのですみません。

ところでワタクシ、近頃禁断の書の(だって、これも長そう・・)「テレプシコーラ」に手を出してしまいました。大河で一年、本当に楽しまさせていただきましたが、またお世話になると思います。これからもよろしくお願い致します。
むぎこ
2007年12月19日 07:59
ものすごく遅いカキコですが・・・
なんか収拾がつかなくてやっとでてきました。
なんでかというと

>勘助の周囲に誰もいなくなってたのは家来が勘助の電波ぶりにどん引きした
これね・・・同感だったんです
ちょっとくどいかなと内野病のむぎこもかんがえたです。
あの演出家問題ありだとおもうのですが・・。

>三条夫人とか義清とか、間にいろいろ挟むので川中島の戦いはぶつ切りになる
ことが多く、あまりテンポの良い最終回ではありませんでした。
同感です。
海口くらいのスピーディーさが欲しかった
むりにひっぱったよんというかんじで
これだと前回と合わせて一時間でまとめたほうが良かった気がしました。

>勘助と宇佐美が馬上で戦っている間を白馬に乗った宇宙人が「ハイヤ~!!」
とばかりに駆け抜けていく様子はまるでコントのようでした。あんなんアリかい
あれはね・・・たぶんこんと。
この演出の方、以前は竜宮城に勘助をおいたり、漫画みたいなコマ割したり・・・感性が特殊だから
あそこで笑いをとるといいんじゃないかと感じたとか
むぎこ
2007年12月19日 08:02
続き・・・ながくてすいません
>首を切り落とされた胴体を伝兵衛が運び、敵に奪われた首を太吉が取り戻してきました。2人とも本当にグッジョブです。正直、今週はここで一番じーんと
はい、同感です。
もうどうやって取り返したかなんてよいのです

>姫
相変わらず意味不明
というか嫌いなので手だけ出て花枠を占拠した事に
むぎこ怒!!!
だってどうみてもこの場合
花枠はミツでしょう。
最後絞めたし。・・・とおもったのでした
>平蔵
あれはきっとあのあと緑まこのおばあさんの夕飯になったんだとおもいます。
鬼美濃もご相伴
あまりおいしくないかも
>リツ
リツの表情はよかったのですが
摩利支天はちょっと・・・せめて仏壇から落ちている程度にして欲しかった
または
摩利支天の下に車輪がついていて
実はチョロQとか・・・・。

なんておもいました。

それにしても師匠には一年本当にお世話になりました
本当にたのしゅうございました
もちきち
2007年12月19日 22:35
>kiriyさん
>禁断の書
ふふふ…とうとうkiriyさんもテレプシに手を染めてしまわれたのですね。いつまでたっても復活しない空美ちゃん、誰が重要なキャラなのかわからないシンプルな絵、なかなか進まないストーリー…毎月感想をUPしますので、遊びに来てくださいね♪
>オカルト現象
百鬼夜行抄ならよくある話ですけど、これは大河ドラマですからね~。呪いの市松人形みたいに、髪が伸びたり大きくなったりするのかも~こわっ!
もちきち
2007年12月19日 22:41
>むぎこさん
>あの演出家
なんというか…野放し状態でしたね。あれぐらい自由奔放に自分のやりたい事を追求したいものです。友達減りそうだけど。
姫は手しか出てこないのだから、テロップは“由布姫(手)”って書けばいいですよね。まあ、手だけですんでよかったかなとも思いますが…ヘタすると“勘助が空を見上げると、そこには巨大化した姫しゃまがぷかぷか浮かんでおりましたとさ”なんてことになってかもしれません。あな恐ろしや。
摩利支天チョロQ、そんな素敵なグッズまで作ってるなんて高野山も商売上手ですね♪って違うか。
一年間お疲れ様でした~。
むぎこ
2007年12月21日 11:07
あ・・・2009年の天地人
妻夫木聡主演だそうですね

余談ですが
weekdaybattler
2007年12月22日 22:14
こんばんわ、最後まで楽しいレビューありがとうございました m(_ _)m
NHKの無茶な演出で後味悪い感じが…。
私の周辺はKY平蔵に対してはブーイングの大嵐でした。
「意味不明」とか「キモイから出てこないで」とか「ラベルに違いがある」とか…(;^_^A
私のブログに今回の「風林火山」についての感想などを書いておきましたので、よろしければどうぞ。TB先にありますので…(;^_^A

でも最終回は何だか「全員集合!」状態で、やけくそにでもなった感じがしています。もうNHKの演出で壊れてしまった感じが・・・(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ
もちきち
2007年12月23日 13:24
>むぎこさん
そうそう、ブッキーに決まりましたね。
噂では渡辺謙さんが謙信役で出るとか言われてますが、もしまたガックンが出てきたらどうしよう、と心配もしております。
もちきち
2007年12月23日 13:28
>weekdaybattlerさん
1話延長した割にはつめつめの最終回で、なんだか落ち着きませんでしたね。ビデオに録画したりせずに、NHK総合で一回見ただけで書いたレビューなのでところどころ間違いもありますが、楽しんでいただけたようで幸いです。
>全員集合!
白馬に乗って駆け抜ける政虎を見た宇佐美の心境、まさしく「だめだこりゃ(by長さん)」だったでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • 風林火山~最終回・見果てぬ夢

    Excerpt: 風林火山ですが、武田信繁、諸角虎定(加藤武)と相次ぐ討ち死にで、武田軍は劣勢に立たされます。本陣では武田信玄(市川亀治郎)が「勝つのじゃあ、勘助!!」と気合を入れますが、山本勘助(内野聖陽)は何かを決.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-12-16 22:55
  • 風林火山.50/さらば勘助!

    Excerpt: 最終回です。もう今さらあれこれ言ってみても「終わり」であることには間違いないようですね。 さて本編と一緒に「風林火山クラブ」も「ほぼ」最終回です。兼ねてよりお話しさせて頂いておりました「風林火山全50.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2007-12-16 23:12
  • 風林火山最終回 蒼き月影の如く勘助死す!

    Excerpt: 今年の大河も今日で終わり。今日始まる前に風林火山第1回「隻眼の男」もう一度見てみた。実は三年前からの大河ドラマ全部録画しているのです。そのためにハードディスク増設もしたしぃ。 山本勘助若い!! .. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2007-12-16 23:15
  • ☆さよなら勘助。。風林火山( ┰_┰)

    Excerpt: ついにこの日が来てしまいました。。大河ドラマ「風林火山」の最終回です。。今週のあらすじ 第50回(最終回)「決戦川中島」またまた由布姫の幽霊に引き止められる勘助。。そうか。。もしかしてこの戦いで自分は.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2007-12-16 23:45
  • 大河ドラマ「風林火山」#50

    Excerpt: 「決戦川中島」 最終回だけに今までの登場人物が総出演でした。アノ人も、コノ人も名台詞を引っさげて回想で登場。いかにもまとめ~という感じなのはしょうがないとはいえ、内心もっと斬新な終わりを期待してお.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2007-12-17 00:13
  • 風林火山 第50話(最終回)勝ち鬨

    Excerpt: 内容ついに、決戦の火蓋が切られた。突如の上杉軍の攻撃に、応戦する劣勢の武田軍。妻女山からの援軍の到着まで、耐える戦いを強いられた。しかし、徐々に体勢を立て直す武田軍を見た宇佐美は、共倒れを防ぐため、政.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2007-12-17 00:15
  • 風林火山~最終話 決戦川中島

    Excerpt: NHK大河ドラマ「風林火山」第50話~決戦川中島最終話は56分拡大版だけど、回想シーンが多くてなんだか間延びしたような感じがしたのは私だけという訳で、回想シーン満載&登場人物満載な最終話でございました.. Weblog: うさうさ日記 racked: 2007-12-17 00:23
  • 「風林火山 第50話(最終回)」生きるためじゃ

    Excerpt: 「愚か者!一国を亡ぼしてまで何のためにたたかう!」「生きるためじゃ我が思う御人のためじゃ!」 Weblog: バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る) racked: 2007-12-17 00:36
  • 「風林火山」最終話「決戦川中島」

    Excerpt: 終わりました。 最終話にて、主役の勘助が壮絶な死を遂げると、流石に泣けるかな、と思ったのですが、結局冷静に観てしまいました。 最終回なので、登場人物紹介部分でも(回想)オンパレードでしたね。 懐か.. Weblog: つれづれ さくら日和 racked: 2007-12-17 00:43
  • 頼山陽が見た川中島!!

    Excerpt: いよいよ最終回ですね{/hamster_6/} 勘助の進言した「啄木鳥の戦法」が実行に 移されました。 「啄木鳥の戦法」は表面的には失敗だった のかも知れませんが、膠着状態の両軍を動 かしたと言う意味.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2007-12-17 00:53
  • 「風林火山」最終回

    Excerpt:  第五十回「決戦川中島」信玄は弟・信繁、重臣諸角を失い、武田軍は崩壊の危機にあった。しかし、上杉本陣に向かっていた武田の別動隊が戦に参加すれば戦況は一気に逆転する。別動隊の復帰を信玄は本陣で待った。武.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2007-12-17 06:09
  • 大河ドラマ「風林火山」 最終回

    Excerpt: 川中島の戦は激戦をきわめ。 Weblog: 多数に埋もれる日記 racked: 2007-12-17 09:36
  • 風林火山 最終回

    Excerpt: とうとう終わってしまいました。 「最終回」ですからね、期待いっぱいで見始めました。 Weblog: ※悠然と,冷静に,熱く生きる 2 racked: 2007-12-17 11:07
  • 風林火山

    Excerpt: 最終回でござる Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-12-17 15:34
  • 風林火山 最終回 「決戦川中島」

    Excerpt: 風林火山「決戦川中島」 はぁ~、今年もついに最終回ですか・・・。 今年はわたし、あんまり振り返りたくない年でした。 去年の今頃は、よもや自分がニートになっているとは思ってもおりませなんだ。 十数年.. Weblog: 『ならうよりなれろ!!』 racked: 2007-12-17 20:38
  • 大河ドラマ 「風林火山」 決戦川中島

    Excerpt: ついに最終回。 1回延びた今年の大河の幕引きです。 武田信繁・諸角豊後の二人が討ち死にしてしまいました。 妻女山からの援軍が来さえすれば・・・ Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2007-12-17 22:06
  • 【風林火山レビュー】決戦川中島

    Excerpt: 今回をもって、硬派戦国ドラマとして名を成した「風林火山」が終了。皮肉な形で、後世に名を残す事となった「啄木鳥戦法」を見破られた勘助。そのおかげで、武田軍は窮地に追いやられました。援軍が来るまで、武田軍.. Weblog: 必然的なヒストリー racked: 2007-12-18 00:05
  • 「風林火山」ー決戦川中島

    Excerpt:  「風林火山」も、いよいよ最終回。一年はあっと言う間に過ぎていき、私たちが見守ってきた勘助の人生も終わりを告げていきました。  私は最終回、始まったとたんに、涙・涙でございましたよ。終わった後も滂沱.. Weblog: 森の中の一本の木 racked: 2007-12-19 00:23
  • 風林火山 (完結編~NHK大河ドラマ・サントラ)/千住明

    Excerpt: 今年はこの「風林火山」(NHK大河ドラマ)にハマリましたねー 最初はまるで気にしていなかったのですが、2月頃にふと観てからヤラレました。 あのオープニングの≪馬の目≫にヤラレてしまいました!勇.. Weblog: 7-sihuku-人からの回覧板! racked: 2007-12-20 10:35
  • 「風林火山(50)最終回」

    Excerpt: 「決戦 川中島」より ついに最終回を迎えました。 今回は回想シーンの連発で、話が行ったり来たりになり、ちょっと見難かった感じがします。 大井夫人との会話から始まり、ミツ�... Weblog: 勝手気ままなブログ racked: 2007-12-22 13:29
  • 私なりの「風林火山」(総括・思いなど)

    Excerpt: 最終回を迎え、終わって見ればあっという間の一年間だった感じがしましたね。 勘助の放浪から仕官を求めて彷徨う姿から甲州での一時の平和な暮らしから、 海野口城での武田軍との�... Weblog: 勝手気ままなブログ racked: 2007-12-22 13:30
  • 「風林火山」第50回。(前編)

    Excerpt: ついにこの日がやってまいりました。「風林火山」最終回です。勘助最期の日です。(;;)こういう終わりが来るのは何とも切ないのですが、しっかと見守りたいと……。そんな感想は前後編vv(笑)今年もやっちまい.. Weblog: リリコ雑記 racked: 2007-12-24 23:29