「風林火山」第45話。

気がつくと今年もあと2ヶ月足らず。大河ドラマの登場人物がどんどん
退場する時期になり、今週もまたイケメンが1人画面から姿を消して
しまいました。このまま普通に話が進めば、最終回まで生き残るのは
フグ宇宙人か…。人間はいないのか…。





第45話のサブタイトルは「謀略!桶狭間」。またしても「○○!×××」です。
この「○○!×××」ってなってるのを見るといつも「魁!男塾」を思い出すん
ですよね。フグが塾長みたいに
「わしが甲斐国守護、武田信玄であーる!!」
っつってるのを想像したりして…似合うなそれは。

サブタイトルにもあるように、今週のメインは桶狭間の戦いです。桶狭間の戦いは
うつけと呼ばれていた尾張の織田信長が、奇襲でもって駿河の今川義元を撃ち
破るという、戦国モノではとても人気のある戦いです。桶狭間だけでこれまで一体
いくつのバージョンを見たことか…。

―しかしこの戦い、一般的には信長を見くびっていた義元が隙をつかれて敗れた
ということになっていますが、実はこの戦いを陰で操っていた人物がいたのです。
その名はなんと…山本勘助!!

…って、んなアホな。

冒頭はフグ×勘助、ハゲ同士の密談から始まります。今回の寅王丸の謀反は
全部寿桂尼のせい、と主張する勘助。そしてそれを聞いたフグは、
「今川…(扇子を振り上げて)ジャキーン」

と、景虎に対抗して派手な効果音を出してました。景虎の効果音「べべべん♪」
は、宇宙人景虎の関節が鳴る音だと思っていましたが、フグの場合はなんなの
でしょう。膨張するときに音が出るんでしょうか。

寅王丸の謀反は寿桂尼の入れ知恵だと思い込んだ勘助、まんまと宇佐美の
罠にはまっています。フグ暗殺に失敗した寅王丸は幽閉された寺から逃げ
ますが、桜中学副校長の北先生に捕まって討ち取られたそうです。寅王丸が
どうやって逃げたのかまでは出てきませんでした。ホントに逃げたのかなー?
勘助は姫しゃま命なので、姫しゃまの弟の寅王丸を斬った北先生にも
ムカついてるようです。これで勘助のデスノートには北先生とKYの太郎の名前が
トップに書かれたことでしょう。しかし勘助よ、北先生を責めるより

刺客である平蔵に逃げられたあんたはどうなのよ?

しかもただ逃げられたのではなく、自分の家来が逃がしたわけですから。
普通なら針のムシロに座らされるのはあんただろ、と。「悪いのはすべて
寿桂尼」と責任転嫁してました。これが年寄りの知恵ってやつでしょうか。

甲斐の国で諸悪の根源にされてることを知らない寿桂尼様は、息子の義元君が
尾張の信長君のところに攻め入ろうと張り切っているのを横で見ています。
相変わらず武者震いしている之政をはじめ、今川の家臣は張り切っているよう
です。でもそういえば義元が戦に出ている場面を見たことがありません。そもそも
義元って戦したことがあるんでしょうか。

で、信長君ですが、なぜかよくわかりませんがなじみの坊さんを1人フグのもとに
寄越します。坊さんは信長に
「甲斐に行ったら武田信玄に挨拶に行け」
と言われたそうです。その理由は多分
甲斐の武田家は海もないのに魚が当主を務めている。珍しいから見て来い。
ということなのでしょうが。この場面はフグ×坊さん、部屋の外に控えている
勘助で画面がスキンヘッドだらけでした。フグは坊さんの話を聞いてる最中も
胡桃をコリッとさせていました。信虎のこりっはぞっとするほど迫力がありました
が、フグがやると指パッチンに見えるから不思議です。フグや勘助と同時期に
出家した幸隆と鬼美濃は最近出てきませんが、まじめに修行に励んでいる
のでしょうか。エライなぁ。

フグに信長はどんな人物かと聞かれて、信長がいかに武将として優れているか
熱心に語る坊さん。他国の大名にそんなことバラしていいのでしょうか。この頃
信長はすでに27、織田家当主になって10年が経っていたそうなので、もううつけ
の振りはしていなかったとは思いますが。

織田家の当主がキレ者と聞いて、これはチャンスと思った勘助は今川が織田に
敗れるように、なにやら画策します。伝兵衛と太吉に「織田が今川を攻めると
したらどこでだろう」と聞いてました。伝兵衛と太吉に聞いても役に立つのかと
突っ込みたくなりましたが、元百姓の2人は地の利に詳しくすぐに「桶狭間じゃ」と
ファイナルアンサーを出しました。おまけになぜか太吉は
桶狭間で織田家の侍が馬を走らせていた
などという、ものすごく有益な情報を都合よくつかんでいましたしね。宇佐美が
聞いたら平蔵とトレードしてほしいと言い出すかもしれません。

伝兵衛&太吉のアイデアを採用した勘助、武者震いを通じて今川家に乗り込み
ます。勘助はわざと義元に桶狭間を通らないコースを薦めます。自分のことが
嫌いな義元なら、自分が“桶狭間を通るな”と言えば、逆に桶狭間を通るだろう
と踏んだわけです。

口の軽い武者震いは義元が尾張攻めで悩んでいることを勘助にべらべら喋った
ことで寿桂尼様に怒られましたが、武者震いも寿桂尼様もまさかこれが今川家
滅亡に繋がるとは思っても見なかったことでしょう。ボンクラ息子の氏真なら
なおさらです。

頼んでもないのに偉そうに進言する勘助に、義元は怒り爆発。これこそ勘助の
思うツボですが、カンカンになってる義元はそれに気づきません。勘助は心の
中でイッシッシとほくそ笑んでいたことでしょう。もしここに雪斎がいれば、勘助の
謀略などすぐに見抜いたことでしょうに。というか、あの勘助の慇懃無礼な態度を
見れば

寿桂尼様なら気づいてもおかしくないのでは…。

…まあ、そうしないと話進まないからなぁ。

ドラマは中盤、桶狭間の戦いとなりますが、「人間五十年を舞い踊る信長様の
シルエット」
と、戦というよりはヤクザの出入りみたいな火縄銃の乱射シーンで
桶狭間の戦いは終わってしまいました。越後の宇宙人は琵琶で兵を操ってました
が、尾張の殿様は歌とダンスを使うようです。フグはテレパシーでしょうか。家臣
たちが使ってたし。

今川義元の最期は、ドラマの最初の頃からずっと出てきた人にしてはあっけない
というか情けないものでした。この「風林火山」の義元はこれまでの今川義元像
とは随分かけはなれたイメージで斬新だったので、これでもう義元が退場する
のかと思うとちょっと寂しいです。

義元は織田に首ちょんぱにされてしまいましたが、武者震いはなんとか駿河に
逃げ帰ってました。当然、自分の口の軽さが戦に負けた一因であることには
気づいていません。一旦は織田に奪われたものの、家臣たちが苦労して奪い
返した義元の首級を箱ごと抱きしめる寿桂尼様のアップで今週は終了。先週の
ラストのホラーな勘助に対抗して、寿桂尼様までホラーで攻められたらどうしよう
かと思いましたが、寿桂尼様のアップの顔は悲しみが込められたものでした。
先週は寅王丸に入れ知恵する寿桂尼様に「このババア…」とムカつきましたが、
今週の寿桂尼様にはちょっぴりほろりとさせられました。まあ、ある意味自業自得
ではあるのですが…。

来週の予告ですが、主役の勘助をさしおいて宇宙人景虎が目立ってました。
来週はブラジル音頭VSビジュアル系の異種格闘技戦が行われるようです。
久しぶりに毛のある人がメインになりそうです。

この記事へのコメント

くみ
2007年11月11日 23:32
わたしも庵原息子の口の軽さには呆れましたよ。
義元が討たれたのはヤツのせいです。

今回は寿桂尼さまが主役のような回でしたね。
演技が素晴らしかったです。
最後はわたしもほろりとしました。

イケメンが減ったのにもほろりとしました。
なおみ
2007年11月11日 23:48
もちきち師匠、こんばんは♪
>最終回まで生き残るのはフグと宇宙人か…。人間はいないのか…。
ワタシも「モチ」ってシックリこないから「フグ」に戻そうと思ったら「モチ君」ってキャラのHP見つけちゃったんですよ!これがね、「地球外生命体」なんですが、そもそも「モチ」なんだから「生命」も「クソ」もないな・・・とは思ったんですけどね。
http://blog.goo.ne.jp/naomi-cat/e/24298871f03eda5fce6ad9c9719ea07b
これがまた「ソックリ」なの「フグ」に!?
ミチ
2007年11月12日 00:12
こんばんは♪
>ヤクザの出入りみたいな火縄銃の乱射シーンで
桶狭間の戦いは終わってしまいました
そうなんですよ、今回やけに加賀美アナのナレーションも多かったし、今までの桶狭間のイメージがどこかへ飛んでしまいました。
オトコマエの義元様にはもうちょっとスタイリッシュな去り際を用意して欲しかったです。
スペードのA
2007年11月12日 00:14
もちきちさん、こんばんは
桶狭間はいろいろバージョンありますが、勘助が桶狭間に誘導したというのは初めてだと思います。
義元もさして油断してなかったのですが、最期のシーンはもう少し飾ってもよかった気はします。
むぎこ
2007年11月12日 07:39
もちきち師匠おはようございます
相変わらずおもろいコメント
思わず自分のブログに「ふぐ」らしい「ふぐ」の写真など載せたのはあきらかに師匠の「ふぐ・・ふぐ・・・ふぐ・・・」というサブリミナル音声がドラマを見ていた時にあったからです・・・。
だってあのもみ上げ、フグヒレ?なんておもいましたもん。

さてさて・・・本当に寿桂尼さんなら勘助のざーとらしい芝居分かると思ったんですが。それと北先生、じぶんで寅をころしちゃったけど、もしかして今川との間のもめ事の口封じ?なんておもいました。
だってそういう話しになると義信さん不利だし。とかちょこちょこかんがえましたが全体的に楽しかったです
とにかく眉毛姫がでなくなってむぎこは全般的にいろんなことを笑って許せる気分です。
しかし信長のシルエット・・おっさんくさくて頭がでかくていやでした
のの雪
2007年11月12日 09:00
今回も面白かった。。
でも、気になるのが平蔵の今後。。
ホントにもう向いてないんだから
とっととあきらめて静かに平和に
暮してほしいですねぇ~~^^;
こんにちは
2007年11月12日 09:47
もう爆笑の連続です。(^O^)
>甲斐の武田家は海もないのに魚が当主を務めている
こんなこと 思いつきませんよ~www

寿桂尼さま かわいそうでしたね。
iseッチ
2007年11月12日 16:36
『久しぶりに毛のある人がメインになりそうです』、
その通りですね(笑)
来週は何やら、景虎が女性に一目惚れするみたい
ですね。
今回の脚本家、恋愛ものが好きなのでしょうね。
さくらこ
2007年11月12日 17:01
>信長君ですが、なぜかよくわかりませんがなじみの坊さんを1人フグのもとに寄越します。

こんにちは。
私も、あの坊さんの登場は、なんだかわかりませんが
、唐突だな~、と思いました。

他にも数点、何で?と思う点があったのですが、勘助が桶狭間を陰で操っているんですから、無理もないことでしょう。

今回の寿桂尼には、ほろりとさせられました。
先週みたいに、
「かんすけ~~~」
という終わり方ではなかったですね。
(このパターンがエンドレスになっても、面白いかも)
Hiro
2007年11月12日 20:57
義元くんの最期はちょっとあっけなかったですよね
これだけのキャラなのでもっと頑張って描いて欲しい気がしました
でもこれって完全に勘助の逆恨みだと思うのですが
もちきち
2007年11月12日 21:31
>くみさん
桶狭間で今川が敗れたのは、武者震いと伝兵衛と太吉のおかげ(?)ですね。
私も息子に頼りない孫を押し付けられた寿桂尼様にほろり、イケメンが去って魚類と地球外生命体が生き残ってる事実にほろりときました…。
もちきち
2007年11月12日 21:34
>なおみさん
>「モチ君」
ぎゃはは!茶色くしてひげともみあげをつければバッチリですね。カピバラ同様フグの影武者に使えそうです。
もちきち
2007年11月12日 21:37
>ミチさん
>スタイリッシュな去り際
最期にもうちょっと戦国武将らしいところを見せてほしかったですね~。義元の死は勘助の寿桂尼に対するやつ当たりからのとばっちりみたいで、気の毒になりました(-_-;)。
もちきち
2007年11月12日 21:38
>スペードのAさん
山本勘助と桶狭間を絡ませるなんて、思いもよりませんよね。
多分二度と無いんじゃないでしょうか(というかあまり見たくない気が…)
もちきち
2007年11月12日 21:40
>むぎこさん
>フグヒレ
あ~なるほど…しかしこのヒレはヒレ酒にしても美味しくなさそうですね。というか命落としそう。
>眉毛姫
そういえばお屋形様も以前「あ~ま~り~!」って眉毛ぴくぴくさせてましたね。あの2人は眉毛で会話してたのかもしれません。
もちきち
2007年11月12日 21:43
>のの雪さん
平蔵はいい加減嫁に愛想をつかされそうですよね。見ていて痛いです。宇佐美はこれから平蔵を何の役に立てるつもりなのか…おさんどん?
もちきち
2007年11月12日 21:46
>こんにちはさん(?)
信長が坊さんにわざわざフグの顔を見に行かせる理由、これ以外思いつかなかったもので…。
義元の首を抱いている寿桂尼は母親の顔に戻っていましたね(涙)。
もちきち
2007年11月12日 21:49
>iseッチさん
>景虎が女性に一目惚れ
宇宙人なのに人間の女性に興味を持つこともあるんですね。つかやっぱり浪は好みじゃなかったのか…。
勘助といい小山田といい、脚本家さんは一目惚れが好きなんでしょうかねぇ(でもフグに一目惚れする人はいない…)。
もちきち
2007年11月12日 21:52
>さくらこさん
今週は突っ込みどころが多かったですね~。無理矢理感は否めませんでした。
>このパターンがエンドレス
いいとものテレフォンショッキングみたいに、ラストで順々に誰かの名前を叫ぶというのもいいですね。
勘助→寿桂尼→フグ→宇宙人→E.Tとかって。
もちきち
2007年11月12日 21:54
>Hiroさん
>勘助の逆恨み
もとを正せば、駿河を託児所扱いして寅王丸を預けた武田に問題があるんですよね~。平蔵が来る以前にあることないこと吹き込まれていたとしても、仕方がなかったのでは?とも思います。
weekdaybattler
2007年11月13日 00:43
「フグ刺し」の予定が「蛸しゃぶ」になりましたね。
武田信玄の恐ろしさを知ったことでしょう。
人間驕りは良くないことを知らしてくれた感じがします。義元の討ち死にのシーンが無かったのが残念!
「木瓜」が「釜の蓋」を見事に叩き割った感じです。
今川義元とババアの「刺客」の御礼・返礼に「義元の首」を差し出すきっかけを作った信玄公と勘助は相当な悪代官に映った方もいることでしょう。
私は尾張の人間なので今川義元の討ち死にには「ご愁傷様でした ( ー人ー)|||~~~ ナムナム」という感じです。同情しません、義元の驕りですからね。
平蔵は惨めなものです、コメントするだけの価値はありませんのでスルーします。
weekdaybattler
2007年11月13日 00:53
相変わらず楽しいれレビューとコメント、読ませていただいております。ありがとうございます。
なぜかこのレビューとコメントを読むと、気分爽快になります。表現力豊かであり、見習いたいくらいです。
私の下品なブログとは話しにもならないくらい、楽しいレビューです!最高です!
琉河岬
2007年11月13日 21:54
こんばんは!

>ヤクザの出入りみたいな火縄銃の乱射シーンで桶狭間の戦いは終わってしまいました
「仁義なき戦い」のテーマ曲が流れてきそうなシーンでしたよね。でも如何せん、迫力が全くなかったのが・・・。
谷原さんが刀を振るって暴れるシーンが見たかったです。
もちきち
2007年11月14日 00:04
>weekdaybattlerさん
>相当な悪代官
フグなら「おぬしもワルよのぅ…こりっ」なんてやっても違和感なさそうですね。
>義元の驕り
ん~そうですね。今回の谷原義元は、これまでの義元像とはかなり違っていましたが、そこのところは同じでしたね。
>気分爽快
なぜでしょう。毒吐きまくりなのに(笑)。
もちきち
2007年11月14日 00:06
>琉河岬さん
>「仁義なき戦い」
へたりこんだ義元を囲む家臣の顔がなんとも情けない…。あれだと懐かしの「珍義なき戦い」のほうが近いですね。
暴れ狂う谷原義元…見てみたかったですね。残念!
kiriy
2007年11月14日 10:35
こんにちは、お久しぶりです。
もちきちさんのレビュー、面白すぎですよ。声を出して笑って読んでいました。ふと、「えっ、宇宙人」って思いましたが、あの髪のある人のことだったのですね。
>先週は寅王丸に入れ知恵する寿桂尼様に「このババア…」とムカつきましたが、
今週の寿桂尼様にはちょっぴりほろりとさせられました。
同じでしたよ。でも、私も、さくらこさんと同じに同じパターンでいくって言うのも面白いなぁと思ってしまいました。笑えますよね。
もちきち
2007年11月14日 22:42
>kiriyさん
お帰りなさいませ~。
私の拙いレビューを楽しんでいただけて、嬉しく思っております。
>同じパターンでいく
毎週ラストで誰かが顔芸をして、その時名前を呼ばれた人が次の週のラストで…とか。時々全然関係ない人の名前が混じってたりして(笑)。

この記事へのトラックバック

  • 風林火山「謀略!桶狭間」

    Excerpt: 風林火山「謀略!桶狭間」 今回は先週よりフグの「クルミ」がやけに気になりました。 あの「クルミ」を一番最初に投げつけられるのは誰なんでしょうか?? 前回 勘助「寿桂尼めぇええええええ!!!」 .. Weblog: 『ならうよりなれろ!!』 racked: 2007-11-11 23:35
  • 風林火山~第45回・桶狭間の戦い!

    Excerpt: 風林火山ですが、山本勘助(内野聖陽)は武田信玄暗殺指令が寿桂尼(藤村志保)から出ていると思い白目剥いて怒ります。今川では上洛の準備が整ったようで、大軍率いて天下取りに乗り出します。当時は織田信長がよう.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-11-11 23:36
  • 風林火山・義元上洛の真相!!

    Excerpt: いよいよ桶狭間の戦いですね{/v/} まさか、桶狭間の戦いまで勘助の策略だったとは?? 驚きを通り越し少し呆れている僕なのです{/cat_5/} いまだに行軍の進路を迷っている義元。 毛嫌いされてい.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2007-11-11 23:38
  • 風林火山.45/桶狭間!

    Excerpt: 先週のストーリー展開に「それはないだろう?」と思われた方、また「桶狭間」と聞いて、ワタシみたいに「もう!?」と思われた方も多いのではないでしょうか?今回「風林火山クラブ」では、みなさんの間でもきわめ.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2007-11-11 23:41
  • 風林火山 第45話 謀略!桶狭間

    Excerpt: 内容宇佐美の信玄暗殺計画は、失敗に終わった。寿桂尼が絡んでいたことを知った勘助と信玄それは、今川の脅威を感じざる結果となった。そのころ、今川義元は、家督を嫡男・氏真に譲り、尾張攻めを決断していた。そん.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2007-11-11 23:48
  • 大河ドラマ「風林火山」#45

    Excerpt: 「謀略!桶狭間」 「寿桂尼ぃぃぃぃ!!」と信玄暗殺未遂の黒幕を知って吼える勘助。その背後にはさらに長尾か村上がいることもちゃんと読んでいます。こうなったらただでは済みません。目には目を、歯には歯を.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2007-11-12 00:09
  • 「風林火山」第45回

    Excerpt:  第四十五回「謀略!桶狭間」宇佐美の信玄暗殺の謀略は失敗し、平蔵は越後へ逃げた。勘助は同盟を結びながら策を黙認した寿桂尼、ひいては今川家に不信感を募らせるが・・・。勘助の策略、発動!今川は信玄の首を狙.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2007-11-12 06:15
  • 大河ドラマ・風林火山・・・桶狭間

    Excerpt: 桶狭間・・・信長さんはシルエットだけでしたね~~でもね。シルエットのややたるみ気味の輪郭が気になったですう。だって信長はやっぱり細面の二枚目!であってほしい・・・。と密かに義元さん亡き後のどんどん減っ.. Weblog: 麦子さんといっしょ racked: 2007-11-12 07:34
  • ★風林火山45・・義元さまの首ぃ~ひええぇぇ

    Excerpt: 先週は有馬温泉に行ってて留守でした。。お越しいただいた方には大変申し訳ございません。。今週はまた風林火山見て過ごしました~今週のあらすじ 第45回「謀略!桶狭間」あわれな寅王丸。。晴信暗殺に失敗してと.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2007-11-12 09:03
  • 風林火山45いちばん武者震いしたひとは?

    Excerpt: 歴史的に有名な事件をドラマとしてどう見せるかは脚本家の腕の見せ所です。特に主人公がその史実に関係していない場合でも、接点を見つけねじ曲げてでも歴史にも登場させてしまえるのが脚本家の特権です。昨年の大河.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2007-11-12 09:43
  • 風林火山 謀略!桶狭間

    Excerpt: 一体どんな桶狭間? と期待たっぷりで待っていました。 Weblog: ※悠然と,冷静に,熱く生きる 2 racked: 2007-11-12 09:48
  • 「風林火山」第45回 「謀略!桶狭間」

    Excerpt: 桶狭間の合戦の勝敗に勘助が関わっている~!?!? と、先週はそこに至るまでの過程を観て、結構気持ちが下降気味だったのですが、その割りに楽しんで観られたと言うか、軍師という者の恐ろしさを、勘助の行動、.. Weblog: つれづれ さくら日和 racked: 2007-11-12 10:56
  • [大河ドラマ]風林火山 - 「謀略!桶狭間」

    Excerpt: 2007大河ドラマ「風林火山」 - livedoor Blog 共通テーマ 今日はBS-hiで早めに見ました風林火山も残りわずか。。。寂しいですね今回は数々のイヤミと黒さで独特の妖しさを誇った義元くん.. Weblog: Hiro's - Blog racked: 2007-11-12 20:59
  • 大河ドラマ 「風林火山」 謀略!桶狭間

    Excerpt: ついに桶狭間! 勘助、暗躍か?? Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2007-11-12 21:13
  • 「風林火山(45)

    Excerpt: 「謀略!桶狭間」より 「フグ刺し」の予定が「蛸しゃぶ」になってしまいました! 武田信玄と山本勘助を怒らせた、 今川のババアに鉄槌が下る時がやってきました。 ご存知「桶狭間の奇襲」で.. Weblog: 勝手気ままなブログ racked: 2007-11-12 23:40
  • 「風林火山(45) その2」

    Excerpt: 「謀略!桶狭間」の続きになります。 出陣中の義元に続々と吉報が届いています。 将来のタヌキ爺こと松平元康が戦果を挙げていたのです。 今川氏真を越すと察していたことでしょう。 その頃勘助は義.. Weblog: 勝手気ままなブログ racked: 2007-11-13 00:33
  • 風林火山 第45話

    Excerpt: 先週の信玄暗殺未遂の後、幽閉されていた寅王丸が今川家へ向けて脱走を試みたことで今川家の謀略ということがより明らかになった今回。 Weblog: 一期一会の彩りを求めて・・・ racked: 2007-11-13 06:22
  • 【風林火山レビュー】謀略!桶狭間

    Excerpt: 今川義元、桶狭間にて死す。享年・42。 今回、一番の謎はタイトルに付いている「謀略」という言葉。謀略というよりは、やはり義元の油断による自滅に近いような気がするのですが・・・。「義元は信長の情報収集.. Weblog: 必然的なヒストリー racked: 2007-11-13 21:42
  • 「風林火山」―謀略!桶狭間

    Excerpt:  桶狭間にいかに勘助絡むのか。有り得る展開でも有り得なくても、そこはドラマ、物語ですので、単純に楽しむことにしていました。  そんなお気楽姿勢で見てみると、実に面白かったですね。面白かったけれど、切.. Weblog: 森の中の一本の木 racked: 2007-11-14 10:36
  • NHK大河ドラマ 風林火山 第46回 「関東出兵」 11月18日放送 あらすじ

    Excerpt:  永禄3年(1560)、長尾景虎(Gackt:ガクト)は遂に上杉憲政(市川左團次)を奉じて関東に出陣した。北条氏康(松井誠)を倒し、関東の旧秩序を回復するのが目的だった。  同じ頃、由布の忘れ形見.. Weblog: 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう! racked: 2007-11-14 22:06