日本橋ヨヲコ「少女ファイト」第3巻

9/21に発売された日本橋ヨヲコの「少女ファイト」第3巻、さっそく
買って読みました。さすがに3巻になるともう雑誌で読んだ話ばかり
だったんですけどねー。まとめて読むとまた違うわぁ。




3巻の表紙は厚子。内容も厚子とナオの関係、厚子の家庭環境と、
三國弟と厚子のほのかな恋バナ(そんないいものですか)に焦点が
あてられてました。それと同時進行で、練とミチルのそれぞれの過去話
も出てくるのですが…。


3巻では女子にエロいカッコでバレーをさせて、勝敗を賭ける“賭けバレー”
なるものが出てきます。エロいカッコと言っても、実際はたいしたことないの
ですが。これくらいならビーチバレーのほうがよっぽどエロいぜ、という程度の
露出度でした。がっかり(←おい)。というか“賭けバレー”自体、現実味が
なさすぎですけどね。やっぱキャットファイトくらいやらなきゃ見せ物には
ならんだろう、と。

で、この賭けバレーですが、主催者はなぜかナオの彼氏。彼氏にそそのか
されてナオが賭けバレーの試合に出ていると思った練たちは、ナオを取り
戻すために自分達も賭けバレーに参加します。しかし試合が始まる直前、
ナオのいるチームに助っ人として女子バレー部の先輩3人が現れて…
うーん、文字にするとベタベタな展開ですね。

でも実際ホントにベタベタなんだから仕方がない。

ミチルと練と学が賭けバレーに潜入した日と、厚子と志乃とルミコが三國
弟と来た日と、先輩たちが助っ人に雇われた初日が一緒だなんて、
偶然重なりすぎですわ。しかも先輩3人、バンド組んでるし。その80年代的
設定はなんなのよ、と。

でもま、主従萌え属性の私としては、試合中鏡子にボールぶつけた三國弟に
怒る沙羅とか、鏡子をお姫様だっこして走り去る千石先輩とか見られたから
別に構わないんですけどね(主人公どうでもいいのか)。あと、賭けバレーの
会場に潜入するために変装した学の胸が意外と大きかったのにも萌えました。
頭いいし優しいし胸も大きいなんて、完璧すぎるぞ学!

偶然ついでに、ナオの賭けバレーのチームには、練の小学校時代のチーム
メイトの南がいました。天才系マンガの宿命でもありますが、このマンガ、世界
狭すぎです。南は練のトラウマを作った張本人の1人ですが、これにはまだ
謎が隠されているようです。気になりますねー。そしてもう1人、練が唯一友人と
呼ぶ隆子も登場。陰あり訳あり陰謀あり、わかりやす過ぎる危険人物
隆子が、これからひと波乱起こしてくれそうですが、さて…?


巻が進むごとに主人公への関心が薄くなっていく「少女ファイト」ですが、
はっきり言って主人公の練よりも学やミチル、鏡子先輩のほうがよっぽど
気になります。ついでに言うと学と鏡子先輩のどっちのほうが胸が大きい
のかも気になります。4巻のおまけにはぜひ主要キャラの身長とスリーサイズ
を載せてほしい、と切に願っております。



少女ファイト 3 (3) (イブニングKCDX)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック