「風林火山」第30話。

日曜日は大阪に出かけていたので(アナニアシヴィリ見てきました)、
第30話は家に帰ってからビデオで見ました。いやー、ビデオで見ると
どうでもいい場面を早送りできるから便利ですねぇ…って、しょっぱな
から危険な発言だな、おい。






ドラマよりも参院選の結果のほうがドラマだったから、というわけでは
ありませんが、今週は手短にすませたいと思います。ま、出遅れちゃ
ったし、詳しく書くのも今更な気もするし。


冒頭は武田家の評定シーン。“わしは生涯城を持たぬ”と宣言する晴信。
家臣たちの前で「人は石垣、人は城…」を披露します。みな神妙に聞き
入っているように見えましたが、

小山田様だけうわの空でした。

たぶん寝不足だったんでしょう。理由はおそらく…もにょもにょ(←自主規制)

今週のサブタイトルは「天下への道」。エースもとい天下を狙うフグをサポート
する勘助の話がメイン…ではなくて、今週は越後の龍こと長尾景虎がメイン
でした。選挙の日は視聴率がいつもより低いそうですが、今週は大丈夫
だったんではないでしょうか。なんたってガクト(Gackt)出てますから。

景虎の女性観に多大な影響を与えたといわれている姉の桃姫役は西田
尚美さん。楽しみにしてたのに、なぜか正面からのアップの場面がなく、
右斜め前からのアングルのみ。「お前はマライアキャリーか!」
突っ込みたくなりましたが、あれは左でしたっけ?それにしても景虎の兄も
桃姫も、景虎と兄弟に見えません。やはり兄役もビジュアル系にすればよか
ったかも…たとえばYOSHIKIとか?

景虎の家臣で、やたら顔を黒く塗ってる直江実綱(西岡徳馬)は、娘の浪
(占部房子)に景虎の身の回りの世話をさせます。今でいうローディーです。
浪の仕事には景虎の夜伽も含まれていたわけですが、日曜の夕飯時に
「夜伽」なんて、NHKも大胆ですね。子供に
「お父さん、“よとぎ”ってなーに?」
と聞かれて、固まっているお父さんの姿が目に浮かびます。ほんとに今年の
大河はお茶の間を凍らせるのが好きなようです。

ホモなのかシスコンなのかわかりませんが、浪を退ける景虎。ただ単に
好みじゃなかっただけかもしれません。可能性大です。

今週はなかなか出番の無かった勘助ですが、始まって20分位したら出て
きました。いぜん北条氏康が言ってた紀州の根来寺というところで、鉄砲を
100丁注文していました。一緒についてきたのは伝兵衛です。撃つまでに
時間がかかるとか、雨の日には使えないとか、百姓出身の割には伝兵衛の
質問は的を射ています。そのせいかわかりませんが、伝兵衛は勘助に火縄
銃の扱い方を伝授してもらえと命ぜられました。本人は嫌そうでしたが、これ
で伝兵衛のドラマにおける重要度はさらにアップした事になるのでは。クライ
マックスは平蔵の弓VS伝兵衛の火縄銃の対決が見られるかも?(←今更
ながら主役ないがしろ…)

鉄砲を手に入れたら、次は運送手段。勘助は駿河の今川に「港を使わせて
けれ」
と頼みに行きました。ここで義元から長尾景虎の話を聞いて、興味を
持つ勘助。そのころ関東管領の上杉憲政は相変わらず酒を飲み、北条氏康
はへんなヒゲをはやしていました。ただでさえおっさんなのに、これ以上老け
てどうするんでしょう。

他国の武将が景虎に注目する中、越後の国内でも宇佐美定勝(緒形拳)が
景虎の器量を見極めようとしていました。景虎モテモテです。ところで久し
ぶりに時代劇の緒形拳を見ましたが、目張り&カツラのおかげで若く見え
ました。うらやましいです。私も時代劇のカツラ&メイクで日常生活を送れ
れば、と思いました。いや、無理だとわかったうえでですが。

寿桂尼さまの話によると、今川義元の正室は晴信のお姉さんだそうですが、
病で危ないとのことです。“正室が亡くなったら、武田と今川の同盟はチャラだ
よ~ん”
と、顔に似合わず(?)言う事がどぎつい寿桂尼様。やっぱりこの人の
ほうが義元より一枚も二枚も上手です。義元なんて「勘助キラい!ぷんぷん!」
って怒ってるだけですもんね。

勘助から寿桂尼様の話を伝え聞いたフグは、扇子をぱちんといわせながら
「あのババアめ~(苦笑)」
と言ってました。直接そう言ってたわけではありませんが、意味は合ってると
思います。

勘助はフグに天下を取らせ、北は北千住、南は南千住…ではなくて北の
日本海と南の太平洋と、両方の海を晴信のものにしたいようです。それを
聞いて、日本海と太平洋のどちらの海に住もうか迷うフグ…そんなフグの
ために、勘助は鉄砲商人を装って越後に潜入するそうです。まあそうでも
しなくちゃ勘助と景虎を絡ませられませんものね。

来週のサブタイトルは「裏切りの城」。Gacktのカツラのぼさぼさが気になる
ので、女性用と同じくらい質のいいものに替えてほしいです。

この記事へのコメント

くみ
2007年07月30日 22:13
>ただ単に好みじゃなかっただけかもしれません。可能性大です。

シスコンの可能性も大ですが↑は「大」ですね。

このドラマ、殿の寵愛関係の女性があんまり・・・・ね・・・と思ってしまいます。

重要な役には美人を求む!!!

わたしが一番最初に見た大河は実は「草燃ゆる」(あれ?燃え??)だったのですが、超幼少だったので、ピー!シーンをあまり覚えていないのですが、原作読んだらエロくて(ホ○有り)、これを見せたうちの親ってスゲー!と思いました。


もちきち
2007年07月30日 22:22
>くみさん
>美人を求む!
激しく同意します!!ガッくんと同じフレームに収まるのは、どんな女優さんにとっても負担かもしれませんが。。。

昔「独眼流政宗」で、お坊さんがまだ少年の政宗(子役)に
「めご姫(ゴクミ)を抱いてあげなされ」
と言う場面があって、うちの茶の間が固まりました。昔の大河は大胆でしたねぇ。。。
なったん
2007年07月31日 17:41
伝兵衛は確かに、「切れ者」になりました。役者さんも舞台出身の方なので、いいかんじですね。
寿桂尼は最近すっかりファンになってます。
視聴率は…下がってしまったようです。主要層は中高年だと思うので、キャストがあまりウケていないのかも?ちょっと心配です。
琉河岬
2007年07月31日 21:37
こんばんは!
「夜伽」に来たのが、浪ではなくお父さんの西岡徳馬だったら、そういう流れになったかもしれませんね。
いやいや、Gacktさんというよりは「上杉謙信」として考えると、その展開の方が自然なような気がするのです。
もちきち
2007年07月31日 22:07
>なったんさん
勘助と伝兵衛のかけあいは見てて面白いですね。伝兵衛、これからも活躍しそうで楽しみです。
>視聴率
やはりドラマより現実の政治のほうが注目を集めたってことでしょうか。いまの政界の状況を考えると、それも当然かな。。。

>琉河岬さん
>お父さんの西岡徳馬だったら
ひー!!なんてこと仰るんですか!!想像しちゃったじゃないですか(笑)
確かに謙信なら女性よりは…いやでも好みが渋すぎです。
ゆか
2007年08月14日 03:27
はじめまして。

ブログをみて書き込みしました。

風林火山、毎週見ていますか?

実は8月5日の放送を逃しまして(再放送も)

探しているとこなんです。

ビデオ録画していないでしょうか?

突然のコメントですが、返信おねがいします。
もちきち
2007年08月14日 08:55
>ゆかさん
はじめまして。
残念ながら、8月5日の回は録画していません。この回も、私が見た後すぐに父に上書きされてしまいました。。。

この記事へのトラックバック

  • [大河ドラマ]風林火山 - 「天下への道」

    Excerpt: 2007大河ドラマ「風林火山」 - livedoor Blog 共通テーマ 今日は選挙もあり、ちょっと早めの放送でした半分くらいが長尾景虎劇場で、晴信の顔にそろそろ飽きてきた人には新鮮でしたかねと.. Weblog: Hiro's - Blog racked: 2007-07-30 21:18
  • 風林火山「天下への道」

    Excerpt: 風林火山「天下への道」 皆さま、選挙には行かれましたか? わたしは行きましたよ。 今日は外出してコミケのカタログ・友人分を買ってきた帰りだったのでまっすぐ帰りたかったんですけど。←腕がちぎれる重さ.. Weblog: 『ならうよりなれろ!!』 racked: 2007-07-30 22:16
  • 風林火山 第30話 越後の長尾景虎

    Excerpt: 内容晴信が家臣たちを前に『この甲斐に新たな城を築くつもりはない、そちたちこそが城じゃと言ってたそのころ。長尾景虎は、越後守護上杉定実の力により、兄・晴景との家督争いに決着をつけた。晴景の養子となり、父.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2007-07-30 22:42
  • 風林火山~第30話・長尾景虎!

    Excerpt: 風林火山ですが、オープニングの「疾きこと風の如し~」のナレーションの声が変わっていた気もしますが、ひょっとしたらGacktが読んでいたのかもしれません。参院選ではありませんが、風林火山も主役交代かと思.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-07-30 23:09
  • 風林火山・東西本願寺の分裂!!

    Excerpt: 塩尻峠の戦いで、ついに晴信は小笠原長時を打ち破りましたね{/choki/} 合戦シーンが無かったのが残念でしたが… 小笠原家の有力家臣、三村某に領土の分配を持ちかけていたと いう説もあるのです。真意の.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2007-07-31 12:23
  • 風林火山・第30回「天下への道」

    Excerpt: 冒頭の家臣との会議で、平定した信濃の城代として重臣を置き、甲斐に城は置かない、と宣言する晴信。 「そなた達がわしの城。人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵…」 一語一語、噛みしめる.. Weblog: 大河ドラマ風林火山、韓国映画、ドラマ「ホジュン」の感想サイト racked: 2007-07-31 17:43
  • 【風林火山レビュー】天下への道

    Excerpt: 本格的に上杉(長尾)VS武田の構図を予感させてくれた今回。上杉(長尾)家の家臣がわんさかと登場。 そして、その中でも群を抜いているのは・・・上杉最強(多分)の軍師・宇佐美定満が初登場!なんとなくポ~.. Weblog: 必然的なヒストリー racked: 2007-07-31 21:38
  • 「風林火山」第30回。

    Excerpt: 今週は選挙の合間を縫うように、長尾景虎さんら越後衆がメインのお話。武田家とはえらい雰囲気違ってて、違和感がどうしても……。つか、本当に後半大丈夫だよな?(おい) Weblog: リリコ雑記 racked: 2007-08-03 23:10