「風林火山」第24話。

いよいよGackt景虎が本編に登場するということで、先週の予告から
ずっとわくわくどきどきしていたのですが、その前に来年の大河の主役、
宮崎あおいちゃんの結婚のニュースが飛び込んできたのでびっくりしま
した。しかし結婚相手の高岡君、どのメディアでも「25歳俳優」としか
書かれてなくてちょっとかわいそう。。。




今週のサブタイトルは「越後の龍」。もちろんGackt演じる長尾景虎のこと
です。景虎といえばあぶさんの息子も景虎ですが、「景浦景虎」って、この
ネーミングはどうなんでしょうね。もし自分がこんな名前をつけられたら、
絶対グレてたと思います。


…つい「風林火山」とはあまり関係ない話からはじめてしまいました。という
のは、今回のこの「越後の龍」が久しぶりに

看板に偽りあり

…だったからです。ああアムロ、時が見える…じゃなくて、テレビの前で
がっかりだよ!!
と桜塚やっくんになって叫ぶ人々の顔が見える…。
サブタイトル、「越後の龍」じゃなくて「ひげふぐ危機一髪」とかでよかったんじゃ
ないでしょーか?もしくは「ムーディ晴信ワンマンショー」とか。

さて冒頭。由布姫が生まれたばかりの四郎といるところに、勘助登場。
その背後にはなぜか水が。そして四郎を見て喜ぶ勘助に由布姫が

勘助の子です!!

先週勘助は殉職(←まだわからない)したし、どうみても夢オチな演出だった
ので、私は「なんだよこれ」と半笑いで見ていたのですが、一緒に見ていた
母親は
「え!?勝頼って勘助の子なん??」
と思い切り誤解していました。とほほ。

で、夢オチなのはわかってましたが、この夢を勘助と由布姫のどちらが見ている
ことになってるのかが問題です。どっちやねんと思って見ていたら、勘助、夢の
中でまで殉職です。無間地獄?インファナル・アフェア?私はアンディ・ラウより
トニー・レオンのほうが好きです…って、関係ないですね。

結局、どっちの夢なのかわからないままにオープニングに突入。Gacktのテロップ
は「ガクト(Gackt)」になってました。Gacktだけだと年配の視聴者にわからない
からかしら。今週は出演者の多さにもびっくりしました。この時点でもう
「今週は詰め込みすぎかも」
と不安になってしまいました。あーあ。

で、いよいよ本編です。「姫様、姫様…」とうなされる勘助。夢に出てきた
由布姫がよっぽど怖かったのか、目が醒めたとき目の前にいた忍芽を、
由布姫と見間違えていました。これは双方に対して失礼な気がします。

先週見事な顔芸を見せて倒れた勘助ですが、撃たれどころがよかったのか、
一命をとりとめました。まるで「極大射程」のボブ・リー・スワガーです。スワガーは
野ブタの生レバーを食べて体力を回復していましたが、勘助はどうやって奇跡の
生還をしたかというと…なんと勘助、寝ている間に馬の糞を飲まされていました。
しかもそれを飲ませていたのは忍芽。いやー驚きました。まさかここで

スカトロプレイが出てくるとは!!

先週の伝兵衛の緊縛&飼育プレイから、さらに高度になっています。この大河、
いったいどこまで行くんでしょう?

勘助がスカトロに目覚めている頃、先週からヒゲを生やしたフグは諏訪の
由布姫のところに、四郎の顔を見に来ていました。産後の由布姫の体調を
気遣って、勘助が行方不明なことを伏せるひげフグ。しかしそんなひげフグの
気持ちも知らず、寝そべったままで由布姫は延々と勘助を褒めまくります。
この時、由布姫の顔が横になったままでアップになっていたので、思わず私も
首を横にしてテレビを見てしまいました。横になって長いセリフをしゃべるのは
大変だと思いますが、お茶の間で見ている人にその努力はかけらも伝わって
ないだろうということがちょっと気の毒でした。

他人が褒めちぎられているのを聞くと、なんとなく面白くなくなるのはよくある話。
由布姫の話を聞いてるうちに、晴信もだんだんむかついてきました。もう、いつ
ひげフグが樽から飛び出してもおかしくない状況です。まあ、側室のピロートーク
(ちょっと違うか)をそこまで気にするのはどうかと思いますが。

馬糞プレイで傷が癒えた勘助、さっそくヘッドハンティングの再開です。幸隆の
ハートはかなり武田に傾いていましたが、妻の忍芽がそれを許しません。
いろいろ苦労をかけた分、妻には頭が上がらないみたいです。勘助のせいで、
真田家は夫婦の危機を迎えてしまいました。晴信と三条の場合といい、勘助は
他人の家庭に波風を立てるのが好きなんでしょうか。

こうして勘助の「リクルート大作戦」は暗礁に乗り上げてしまいました。しかし
そこは摩利支天がついてる勘助ですから、ちゃんと「ハレルヤチャ~ンス」が
やってきます。忍芽ったら、さっきまで幸隆が武田につくのを反対してたくせに、
自分の兄が幸隆を裏切り者と叱責するのを見て、今度は逆に幸隆の肩を持ち
ました。これでもう幸隆は迷わなくてすみます。何もかもをふっきってひげフグの
胸に飛び込めばいいのです。もっとも、身長差を考えるとフグの胸は幸隆の
へそのあたりでしょうけど。

忍芽のこの言葉は、たまたま(?)そのへんを歩いていた勘助の耳にも入ります。
勘助、感謝したでしょうね。忍芽じゃなくて、忍芽の兄に。この兄がいなかったら…。

目が醒めた勘助に接する場面と言い、この幸隆をかばう場面と言い、今週の清水
美砂さんの演技にはひきこまれました。ヅラの生え際が尋常じゃないくらい
不自然なのも、気にならないほど。やっぱり、時代劇のヅラって顔の幅が狭いと
似合わないんだな~(やっぱり気にしてるんじゃないか)。

話はまたひげフグに戻ります。今回はあちこち話が飛んでややこしいです。
勘助が留守の間に佐久で反乱が起こり、フグは生意気にも勘助なしで戦をする
ことに決めました。しかし家臣たちは腰が引き気味。みんなおっさんだから体を
動かしたくないんでしょう(小山田様は別)。ひげフグ、由布姫に言われたことを
まだ気にしてます。まあこれまでのところ、勘助いなくでも充分フグが軍師の
役割をつとめてたもんね…。「勘助がいなかったら負けてたかも」なんて言われ
たら、カチンときちゃうのかもしれません。しかしそんなこと言われたくらいで
人格変わっちゃうようじゃ、
所詮それまでの武将
という気もしますけどね。

晴信の豹変に、千葉ちゃんもゴリさんもショックを受けてました。私も、ひげフグの
微妙な発声にがっかりです。声が高い人が無理に出す低い声って、聞き苦しい
んですよね。以前の甲高い声でそれらしく演技する、ってことは無理なのかしら。

この戦が始まる前に、フグのもとに百足衆から勘助存命の知らせが入ります。
千葉ちゃんたちは“ならば戦は勘助が戻ってくるまで待とう”と提案する千葉
ちゃんですが、ムキになってるひげフグはこれを無視。勘助がいなくたって、
ひとりでできるもん!!ぷんぷん!!
と、さとう珠緒になってますますふくれてました。結局、反乱を起こした佐久の
城主と嫡男は生け捕り、それ以外は皆殺し、という恐ろしい結果になりました。
ひー。フグ、こわすぎです。

しばらく出番のなかった教来石は、この戦での活躍を認められて、馬場家の
家督をついで「馬場信春」を名乗る事になりました。これでせっかく辞書登録
した「教来石」姓ともお別れです。ちょっと寂しいかも。

戦に勝ってフグが調子に乗っているところに、勘助が幸隆をつれて戻って
きました。幸隆を見て、フグの後ろに仕えていた源五郎が
「また新しい男が!!」
と思ったかどうかはわかりませんが(源五郎ずっとピンボケだったし)、フグは
幸隆にかつての領地、真田郷の一部を与えました。これには幸隆カンゲキ、
カレーはバーモントになってました。

そして幸隆が城に(この時代の城って、屋敷にしか見えん)入ると、そこには
飼育プレイで恋が芽生えた葉月と伝兵衛が。伝兵衛にもやっと遅い春がきた
みたいですね。ご飯のたびに柱に縛り付けてもらってるんでしょうか。しかも
うれしいことに、幸隆のもとにかつての忠臣たちが舞い戻ってきました。この
人たちは村上に領地を与えられてたみたいですが、それをなげうって幸隆の
もとにきたようです。幸隆って、ほんとに人望があつかったんですね。義清も
初登場したときにはかなり人気ありそうにみえたんですけど。

世話になっていた寺の住職からもらった六連銭を旗印に、真田家はとうとう
復興・・・これにて大河ドラマ「真田家の旗」、完。
いやー今週は感動的だったなぁ。。。

とここできれいに終わればいいのですが、おまけがあります。勘助、フグに
「しばらく軍師をやすんで由布姫のところにいってくれば~?」
とイヤミを言われた事にも気づかず、そそくさと諏訪の由布姫のもとを
訪ねます。そしてようやく四郎とご対面。ここで「わしの子じゃ~」と叫ぶかと
思いましたが、それはさすがにまずいので「わしの命」に留めてました。
これにて第24話は終了。冒頭とラストとフグを除けば、とてもいいお話でした。

…で、ここまで書いてはたと気がついたのですが、
Gacktの話が抜けています。
というか、無くても話が通じます。公式HPとか予告で見たことのある映像ばっかり
だったし。ここまで肩すかしをくらったのは去年の大河の「信玄の影」以来です。
それなりに面白かったけど、「Gackt登場!」のアオリが凄かった分、あざとい
感じがしてしまいます。

来週のサブタイトルは「非情の掟」。「殺しのライセンス」みたいなタイトルですが、
予告だと勘助が鬼になるみたいで、ちょっと楽しみです。最近置き去りにされて
いた三条&美代子も出るようですが、そろそろ家督争いが始まるのかな?
勘助に憎悪の炎めらめらの三条、久しぶりに見られるかな~?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ミチ
2007年06月17日 23:13
こんばんは♪
私も教来石が馬場になって少々寂しい思いをしています。
とってもステキな名前だったのになぁ。
Gackt登場は完全に煽りでしたね。
つられてしまった自分が悔しい~(笑)
まきまき
2007年06月18日 00:21
もちきちさん、こんばんは♪

>先週の伝兵衛の緊縛&飼育プレイから、さらに高度になっています。この大河、いったいどこまで行くんでしょう?
日曜8時にどこまで許されるのか、ちょっと心配になりました(笑)

>勘助がいなくたって、ひとりでできるもん!!
きっと晴信、新たな男を連れて帰ってきた勘助に、イイトコ見せたかったのかもしれませんね。(爆)
スペードのA
2007年06月18日 00:33
もちきちさん、こんばんは。
確かにタイトルが越後の龍だともっとGackt出ると思いますよね。
忍芽の兄は忍芽を説得する手間を省いてくれたと思います。
なったん
2007年06月18日 11:27
えー、宮崎あおいちゃん結婚するの??ってこの記事で知ってしまいました(!)なんかショックかも(←理由ないけど)
今回も爆笑させていただきました。もちきちさん、絶対この方面の才能あると思います。
フグは「ひげフグ」になったのですね。真田様とさすがにそんな身長差はないよ~。低い声は私的にはほっとしてます。あの甲高い声で信玄って言うのもちょっとなー、と思っていたので。複雑な感情もきちんと表現できていたと思います。
Gacktの登場のしかたは由布姫のときと似ています。多分これから出てくるんでしょう。
ひげフグが怒ってしまったのは、たぶん「図星」だったからじゃないか、と想像します。
なおみ
2007年06月18日 13:42
もちきちさん、こんにちは♪
>「越後の龍」じゃなくて「ひげふぐ危機一髪」とかでよかったんじゃ
もうダメ(><)もちきちさんの「黒ずんだフグ」とか「フグは生意気にも」とかあまりにもワタシのハートに合致するフレーズ満載で「フグ」という名詞が頭から離れません!(><;)お願いです「師匠」!ワタシにも晴信を「フグ呼ばわり」する権利をお与えくだされ~◎
あとですね今回の「小山田クラブ」は「全天候型・老若男女・参加OK」な企画ですんで、お時間のある時にでも「華」を添えにいらしてくださいまし~♪
さくらこ
2007年06月18日 15:50
もちきちさん、こんにちは!
光り輝く真田家と、暗雲垂れ込めた武田家が対照的でしたねー。

フグは壊れちゃってましたが、亀ちゃんの演技には流石!と唸ってしまいましたよ。
これからずっとあの調子?
それはちょっと暑苦しいな~・・・。

今回のサブタイトルは詐欺ですね。
りっきー
2007年06月18日 18:12
こんにちは!
ついに『越後の龍』が登場しましたよね~☆
今回は予告で見慣れた場面ばかりでしたが、この先、ガックンの妖艶な謙信が、どのように立ちはだかって行く事になるのか、興味深いところですね。

勘助の子・・・僕も思わず・・・そう思ってしまいました。。。
いや~・・・焦った焦った・・・。
もちきち
2007年06月18日 22:02
>ミチさん
教来石って珍しいし、ちょっともったいないですよね~。残念。
Gackt登場、私も1週間ワクワクした分、ガクーときました。(シャレじゃありませんよ)

>まきまきさん
晩ごはんを食べながら見てる人もいるかもしれないのに、かなり大胆ですよね。「勘助の子です!」のところでご飯噴いた人、いっぱいいると思います。
>新しい男
そんな目的のために連れてこられたとは知らずに喜んでいる幸隆、いとあはれ…。
もちきち
2007年06月18日 22:10
>スペードのAさん
忍芽の兄、初登場でいい仕事してましたね。上杉憲政のバカ殿ぶりに勘助も感謝している事でしょう。

>なったんさん
>身長差
いや~、この前義元と一緒に海を見ているとき、こそっと岩の上に立って義元との身長差をごまかしていたものですから。。。
亀治郎さん、目の演技や立ち居振舞いはさすが
歌舞伎の人だなーと思います。
>図星
フグは優しいから戦に向いてない、という由布姫の発言は、確かに当たってますよね。昔は三条も「お優しい晴信さん」って言ってたけど、いまはどうかな?
もちきち
2007年06月18日 22:17
>なおみさん
どうぞ!心ゆくまでフグと呼んであげて下さい。ただし、「愛」を込めてですよ!!
>小山田クラブ
かしこまりました~。それではまた後で!

>さくらこさん
真田家は結束を固めてさあこれからといったところなのに、武田家は…。ゴリさんも千葉ちゃんも気の毒ですね。
>暑苦しい
7月8月の暑い時期になったら、Gacktが涼しい演技を見せてくれることを期待しましょう!ひょっとしたら涼しいを通り越して寒いに鳴るかもしれないけど…。

>りっきーさん
「勘助の子です!」発言には全国のお茶の間のみなさんが「な、なんだってー!!」と驚いた事と思います。
結局夢オチでしたが、あんな夢見る勘助って…。

琉河岬
2007年06月18日 23:04
こんばんは!

>冒頭とラストとフグを除けば、とてもいいお話でした。
物凄く的を得た表現ですね!的のど真ん中に当たっています。あの変なヒゲを生やして喚き散らしているキモカワイイ(?)フグのおかげで、出番の少なかったGacktさんのお姿がとても華麗に見えました。
のの雪
2007年06月18日 23:05
がっくんの出演。。
先週の予告とまったく一緒!!
ホントがっかり!でした。。
もちきち
2007年06月19日 00:20
>琉河岬さん
>キモカワイイフグ
去年はやなせたかしデザインで千代&一豊グッズがありましたが、ひげフグで携帯ストラップとかないんですかね?きっと女子高生に受けると思いますよ。
>Gacktさんのお姿
フグ晴信とGackt謙信が同じフレームにおさまったら、一体どんな化学反応が起きるのか今からドキドキしています。

>のの雪さん
>予告とまったく一緒
あれだけ番宣で見せまくってたんだから、本編ならではのプラスアルファが欲しいですよね。
真田家の話がよかったからいいものの、そうじゃなかったら暴動ものですよ(怒)

この記事へのトラックバック

  • 風林火山~第24話・真田再興!

    Excerpt: 風林火山ですが、真田家再興やGackt(ガクト)登場など見所満載です。山本勘助(内野聖陽)は鉄砲で撃たれ生死の境を彷徨っているようです。いきなり幻想的なシーンから始まり、勘助は夢世界で漂っておりますが.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-06-17 22:51
  • 風林火山(6月17日)

    Excerpt: 夢と妄想の世界にはいる勘助(内野聖陽)・・・あな、おそろそし(笑) しかし、馬糞をとかしたクスリが効くとは(絶句)、いったいどんな話なんだ!しかし、今川にも北条にも1,2丁しかないのに、みなさん結構.. Weblog: 今日感 racked: 2007-06-17 22:57
  • 大河ドラマ「風林火山」 第24回

    Excerpt: スタートから半年経って、遂に武田のライバルが登場。 Weblog: 多数に埋もれる日記 racked: 2007-06-17 23:09
  • 大河ドラマ「風林火山」#24

    Excerpt: 「越後の龍」 えーーーーーー!!!??? 由布姫が生んだ子供ってやっぱり(!)勘助の子供だったのぉぉぉぉぉ? ってビックリさせるようなテーマ曲前コーナーでした。 鉄砲に撃たれて生死の間を彷徨っ.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2007-06-17 23:11
  • 風林火山 第24話 真田家の復活

    Excerpt: 内容勘助は、鉄砲に撃たれたが真田幸隆により、命を救われた。そして、先の戦いの結果や、落ちぶれた管領を見限り武田家への仕官を決めた幸隆だったが妻、忍芽は猛反対していた。そんなとき、忍芽の実兄河原隆正の幸.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2007-06-17 23:32
  • 風林火山 #24 「越後の龍」

    Excerpt: 冒頭のアレには盛大に噴きました!なにあのUnder the SEAは…{/kaeru_yodare2/}{/kaeru_yodare2/}{/kaeru_yodare2/} かんすけはいつから水棲生物.. Weblog: 戯言の壜詰 racked: 2007-06-18 00:22
  • 「風林火山」第24回

    Excerpt:  第二十四回「越後の龍」真田幸隆は、勘助の勧めに従い武田への仕官を決意した。その頃、越後では、長尾景虎が頭角を現しつつあった・・・。「世の乱れを正したまえ!」「我に力を貸したまえ!」第一義。義を重んじ.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2007-06-18 05:10
  • 風林火山「越後の龍」

    Excerpt: 風林火山「越後の龍」 今日も盛り沢山でした。 他の方のレビューにも書いてたけど、風林火山って話を詰め込みスギのところがあるのよね。 {/clover/}ぽわん、ぽわんな変なオープニング {/clo.. Weblog: ねぇ、しょーP、こっち向いて♪ racked: 2007-06-18 07:15
  • 風林火山24.Gackt登場!

    Excerpt:                 お知らせ・どういうわけかgooブログの方にTBが飛びません!同じブログサービスで有り得ないとは思うのですが、飛びません。おいおい「コメント」でお邪魔しますので宜しくお.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2007-06-18 08:47
  • 風林火山24今日は真田太平記エピソード1ですか?

    Excerpt: 風林火山面白すぎーです!! あまり面白くて、入れ込みすぎると記事がまとまらなくなってしまうのです。見入ってしまってツッコミ処も忘れてしまってますここ最近は。 それに始まっていきなり、いきなり .. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2007-06-18 09:54
  • 風林火山・第24回 越後の旗

    Excerpt: 視聴者の熱い期待(!)の割に、Gackt様の登場シーンはほんの少しだけで、今回はどちらかというと真田幸隆の話が中心でした。 なので、Gackt様の長尾景虎についての感想は、今回だけではよく分か.. Weblog: 大河ドラマ風林火山、韓国映画、その他本の感想サイト racked: 2007-06-18 11:27
  • 風林火山と躑躅ヶ崎の城!!

    Excerpt: 天下の名将、武田信玄でも嫉妬するのです{/heartbreake/} 『勘助がいたから負けなかった』と言われれば 晴信の立つ瀬がないですよね{/kaeru_shock1/} この一言がきっかけで、その.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2007-06-18 12:00
  • 「風林火山」第24回「越後の龍」

    Excerpt: 龍って、かっこいいじゃないですか。 虎とか獅子とか、武将の並外れた才覚を表現する言葉があるようですが、龍は何というか、勢いとシャープな雰囲気がありますね。 長尾景虎、Gackt氏が、その名に相応し.. Weblog: つれづれ さくら日和 racked: 2007-06-18 14:32
  • 『越後の龍』現る。。。~風林火山・第24話~

    Excerpt:  さて、前回のラストで種子島で肩を射抜かれてしまった勘助でしたが、幸い、側に居た真田幸隆に、その命を救われる事になります。  10日もの間…昏睡状態が続いた勘助でしたが…思わぬ『秘薬』で、命を取.. Weblog: 新・りっきーのブログ日記 racked: 2007-06-18 18:12
  • 【風林火山レビュー】越後の龍

    Excerpt: 生きていた勘助。勘助はあろうことか夢から醒める間際、由布姫と忍芽をダブらせていました。意外に清水美砂さんと柴本幸さんはちょっと似ているのかな、と思いました。どこまでもポジティブシンキングな真田家と勘助.. Weblog: 必然的なヒストリー racked: 2007-06-18 22:57
  • ★風林火山24・・勘助の命。。

    Excerpt: がっく~~んほんの一瞬でした。。出番少なっちょっぴりふっくらした感じのがっくん。。そういえば重い鎧をつけて騎乗して戦う体力をつけるために9キロ増やした。。とか朝日新聞beに載ってたなぁ。。がっくんは乗.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2007-06-18 23:06
  • 風林火山ー越後の龍

    Excerpt:  いよいよ出てきましたね、Gackt謙信。でも、予告編で見た場面と大して変わらなくてちょっとこけました、私。それでも、謙信の顔は美しいけれど険しくて、毘沙門天のようだと思いました。  この毘沙門天は.. Weblog: 森の中の一本の木 racked: 2007-06-19 06:45
  • 「風林火山」第24回。

    Excerpt: 今週はいよいよガックン登場!しかし人物紹介、「ガクト」ってカタカナ表記しときながら(Gackt)って……。外人みたいじゃん。(笑) それはそうと、ブログペットを置く事にしました~vvみんな可愛がって.. Weblog: リリコ雑記 racked: 2007-06-20 23:12