DEATH NOTE 13 HOW TO READ

映画にアニメに西尾維新の小説に、と連載が終了してからも色々
イベントてんこもりな「DEATH NOTE」の第13巻、というか公式ガイド
ブック「DEATH NOTE 13 HOW TO READ」を買いました。メロ&ニア
編になってから単行本を買うのをやめていた私が、なぜこれだけは
買ったのかというと…






この13巻には
Lのほんみょんぼ…じゃなくて本名が記されている
からなんですね~。ついにあかされるLの本名…つかその前にLって
何人なの??松山ケンイチは日本人にしか見えないけど。
本名よりそっちのほうが気になる。。。

ジャンプ本誌で最終回を読んだときは、あまりの投げやりなオチに
「なんじゃこりゃ~!?」
と立ち読みしていたコンビニで脱力してしまいましたが、こうやって
あらすじをふりかえってみると、やっぱり

「なんじゃこりゃ~!?」

でしたわ。“大場つぐみが明かす DEATH NOTE の真相”ってコーナーが
あるのですが、まあなんというか…。読んだらよけいややこしくなりました。
本編で説明仕切れない部分を読者の脳内補完に頼っているところもあって、
デスノートみたいなミステリー要素のある話でそれはないんじゃないか
という気がしました。
「本編には描かれてないけど実は○○だったのよ~」
なんて作者に言われたら、ミステリーファンは誰でもちゃぶ台ひっくり返したく
なってしまいます。本編終了後、ミサミサがまさか××××とは…。

インタビューやデスノートのマニュアルのほかに、赤マルジャンプに掲載された
4コママンガと、連載前に描かれた読切版が収録されていたのが嬉しかった
です。赤マルは立ち読みできないようにゴムがけしている本屋が多いので。

それにしても小畑健氏の絵は美しいですねー。下書き原稿まで美しい…。
個人的には尾田栄一郎の絵のほうが好みなんですが、それを抜きにしても
小畑氏の絵はすばらしいと思います。もし作画が他のマンガ家だったら、
ぜったいこんなにヒットしなかっただろうし。これだけ完成度の高い絵を毎週
落とさずに掲載する人もいるんですから、某富樫先生にも、もうちょっと頑張って
もらいたいものですわ。

しかし、何度読んでも南空ナオミの退場の仕方には納得できん。。。

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

悠子
2006年11月01日 11:39
こんにちは~
デスノ13巻、買うかどうか悩んでいたんですが、もちきちさんの記事を読んでたら非常に気になってきました…これから買ってきます~(笑)
しかし、私は最後の最後まで南空ナオミとLの再登場を信じておりました…あの消え方は本当に納得行きません…
もちきち
2006年11月01日 12:17
>悠子さん
私も南空ナオミの復活を待ってましたよ~(涙)
多分最初は復活させるつもりだったのが、話を進めるうちに出番がなくなっちゃったんでしょうね~。
13巻を読んでるうちにL萌えが再燃して、西尾維新の小説まで読みたくなってきました…。
P子
2006年11月02日 18:17
こんにちは
だめですよ~~もちきちさん、こんなお奨め上手な文章書いちゃぁ~、おかげでこれから本屋へ行かなきゃいけないモードに入っちゃいましたヨ~~。
P子は南空ナオミの消え方は納得していました。復活なんて考えてもみませんでした。だってノートに「誰にも見つからない方法で自殺する」って単行本の方に書いてあったと思いますので・・記憶違いならごめんなさい。

>小畑健氏の絵は美しいですねー。
彼が作画を担当するだけで原作が1.7倍程出来が良くなる感じがします。「あやつり右近」の終わりの方は絵が荒れて背景がほとんどありませんでしたが、某富樫先生よりは見れました。(某富樫先生も好きなんですよ)
もちきち
2006年11月02日 21:38
>P子さん
いや~、南空ナオミの頃は、デスノートのルールにライトが知らない落とし穴があるんじゃないかって読んでたんですよね。実はナオミがレイの子供を宿していて、妊娠している人は殺せないとか…。あとはミサミサがまだいなくて、女性キャラが少なかったから、ナオミの活躍を期待しちゃったというのもあります。
>富樫先生より
私はジャンプでしか見てないのですが、単行本ではちゃんと描き直しているのでしょうか、富樫先生…ってテレプシのほうじゃないですよ。
P子
2006年11月05日 08:58
言葉足らずでした。ノートに書いてあったんじゃなくて南空ナオミの本名を知った月がノートに書いて自殺させたんです。映画の方では大活躍でしたが・・
確かに最初の頃は男ばっかりでしたから「綺麗なお姉さん」が出てきておまけにLの下で働いていた経験があって婚約者より切れ者とくれば活躍を期待しますよ。
本屋で立ち読みしながらレイの「僕と婚約したんだから事件に顔をつっこむな~」みたいな台詞に「今時、男尊女卑?アメリカ人が?」とネームの甘さを感じていました。
>富樫先生…ってテレプシのほうじゃないですよ。
テヘ、もちろん幽々やハンターX2の方です。幽々の最終巻辺りはほとんど手直し書き足しもありませんでしたが、最近の方は手直ししてありました。ジャンプで切られちゃいましたから、次はどこで読めるんでしょうか?情報をご存知でしたら教えてください。
もちきち
2006年11月05日 20:56
>P子さん
>男尊女卑
あのやりとりはベタでしたね~。そのへんがゆるいのがジャンプクオリティなんでしょうけど。それを言ってたらミサミサがライトになぜあそこまで惚れてるのか、というのも疑問ですが。
>次はどこで
どこで何でしょう…(^_^;)なんか萩原某のバスタードを思い出しますね。あれがジャンプに載ってたんだからなぁ。。。
悠子
2006年11月06日 10:40
こんにちは~
13巻、地元で売り切れてたので旅先で買って来ましたー。まだ途中までしか読んでませんが、余計モヤモヤする内容かも(汗)
ちなみにキャラタイプ診断で「リューク」になってしまい、非常に複雑です…
もちきち
2006年11月06日 12:04
>悠子さん
>余計モヤモヤ
しますよねー。読むと余計すっきりしない解説(笑)キャラ診断、私もリュークでした。なのでどうかご安心を…ってフォローになってるのかな?

この記事へのトラックバック

  • DEATH NOTE(デスノート)【スーパー ムービーズ@youtube アニメ】

    Excerpt: 2003年より「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートし、原作コミックスの累計発行部数が2100万部を超える(10月2日現在)超ヒット作のTVアニメ・プロジェクトが、遂に始動!! Weblog: スーパー ムービーズ@youtube アニメ【youtube アニメ etc スーパー ムービーズ】 racked: 2006-11-11 11:21