「功名が辻」第40話。

今日は日テレでものまね番組があったので、功名が辻の前後に
それを見てたら感想を書くのが遅くなってしまいました…もちろん
大河の時間はザッピングなんてせずにちゃんと見てましたよ、ええ…。





1月から始まった「功名が辻」も、とうとう40話目になりました。今週を含め
あと10話で千代と一豊を土佐に連れて行かなければいけないので大変です。
ばたばたした展開は今に始まったことではありませんが、さて今週は…。

秀吉の死を隠していたことで、朝鮮から帰って来た福島正則&加藤清正に
三成が責めたてられていましたが、確かに必死の思いで逃げ帰った直後に
“茶の湯でも”なんてのんきに言われたら、誰だって怒りますよね。思わず
フランス革命のときにマリー・アントワネットが言った(と言われている)、
「パンがなければケーキを食べればいいのに」
なんてセリフを思い出しました。そういえばこれまで三成が戦場で戦っている
場面は出てきてませんが、武芸のほうはどうだったんでしょう。ちなみに明智
光秀は光秀は武芸も達者だったそうです。文武両道、足りないのは髪の毛
だけ(キンカ頭ですから…)、というのが光秀でしたが、三成はどうだったのかな?

三成が朝鮮で苦労した人たちに反感を買っている頃(?)、一豊もこれからの
身の振り方についていろいろ悩んでました。でも食事中に考え込んでたら千代に
「器がカラになってるのに気づかないなんて云々」
と言われてるのは気の毒です。一豊が食欲魔人みたいじゃないですか。それは
どちらかといえば千代のほうでしょう。しかも千代、おかわりをついでやったかと
思ったら、一豊がごはんを口に運ぼうとするたびに邪魔してるし。しまいには
一豊、ごはんを口に入れていいのかどうか迷ってました。ここ、無茶苦茶おかし
かったです。今週は全体的にコメディな場面が冴えてましたね。

千代と一豊が出家した北政所(高台院)のところを訪ねたら、そこに偶然家康が。
なんかベタな展開ですが、主役だから許してあげましょう。もういちいち突っ込んで
たら夜が明けてしまいそうです。帰ろうとする家康を甘えた声で止める高台院、
気色悪かったです。ああいうのが許されるのは淀くらいの年齢までです。家康が
帰りたくなるのも、判る気がします。

家康は秀吉の死後、秀吉の遺訓をあっさり無視して好き勝手やってたよう
ですが、豊臣の天下がいかに脆弱だったかがわかって切ないです。秀吉が
茶々にいれあげずに、秀次をちゃんと跡継ぎとして教育していれば…。

さて、その茶々ですが、死んだ今になって秀吉のことを哀れんでます。いわゆる
燃え尽き症候群です。
秀吉が死んで、自分が生んだ子(=織田の子)が世継ぎになって、やるべきこと
はすべてやってしまったから…って、ほんとはまだまだやることがあったんです
けど、それに気がつかなかったから豊臣は滅びたんでしょうね。三成は命を
賭けて豊臣を守ると言ってましたが、それよりも私はこの場面の三成の着物が
清正たちと対峙したときの着物と一緒だったのが気になりました。同じ日に
撮影したんでしょうか。今週の淀君の出番はここだけで、ちょっとさみしかった
です。

勝手なことばかりする家康を諌めるために、三成は一豊&堀尾&中村(とあと
生駒様?)を家康のもとに派遣します。明らかな人選ミスです。この仲良しトリオで
あの家康に勝てるわけないのに。秀吉の遺訓を守ってないと注意しても、家康に
「うっかり忘れてました」
なんてはぐらかされて終わってました。政治家がよく使う「記憶にございません」
みたいなものでしょうか。一豊たち、何しに行ったんでしょうね。

で、その謎を解いてくれたのは六平太。雨の日に、こっそり千代のもとを訪れて
ました。この人、今はどうやって稼いでるんでしょうかね?どこかの大名に仕えて
いるわけではなさそうです。六平太の情報によると、堀尾殿は家康側についた
ということでした。その理由は、先のお宅訪問で、家康の迫力に圧倒されたから。
こいつには絶対敵わない、と思い知らされたそうです。そして自分は隠居して、
家督を息子に譲る、と。一豊たちももう隠居するトシなんですね~。一豊と千代に
子供がいないから気がつかなかったけど。自分達の子がいなくて、甥の国松は
まだ幼いから、一豊は自分で頑張らなくてはいけません。いいトシなのにかわい
そうです。側室制度の導入、考えるのが遅すぎましたね。

今週のサブタイトルは「三成暗殺」でしたが、ほんとのところは「三成暗殺“未遂”」
でした。なんか東スポの一面の見出しみたい…。新一郎から三成のピンチを
聞いて、三成を助けに行く一豊。千代が自分を止めないのを知って、
「止めぬのか」
なんて聞いてましたけど、止めて欲しかったんでしょうか。行きたくないならそう
言えよ、一豊。でもちゃんと三成を屋敷から脱出させられてましたから、一豊も
やるときはやるんですね。見直しました。でも女装している三成は不気味…。

橋のたもとで三成が協力を求めているときの、一豊の後ろにいる新一郎の
顔芸が最高でした。一豊が三成に味方すると言うんじゃないかとひやひや
している様子が伝わってきて、面白かったです。新一郎は脳みそが筋肉で
出来ているんじゃないかと心配していたのですが、なかなか先を読む能力が
あったようですね。

逃げ場のなくなった三成が選んだのは、なんと家康の屋敷。ここで家康と三成が
にらみ合う場面、迫力がありましたねー。主役が不在の場面がクライマックスと
いうのは悲しいですが…。

結果、三成は佐和山に隠居することになり、それを聞いた一豊はこれから家康に
つくか豊臣に残るか、千代に相談していました。私が千代だったら
「そんなもん自分で考えろよ」
とつっぱねるところですが。ここで千代がズバッと
「家康につけ!!」
と言うかと思っていたのですが、千代の意見は“山内家は石高もたいしたことない
から、今はまだ状況を見ているだけに留めておこう”という内容でした。
そうそう、このドラマ見てると忘れちゃうけど、山内家はそんなたいした力が
あるわけじゃないから、家康だってそんな気にしてないと思うのよね~。
で、そんな千代に一豊が
「千代も狸じゃのう」
と言うわけですが、この場面で仲間さんがほんとにたぬきみたいにぷうと頬を
ふくらませていたのがかわいかったです。2人とももういいトシなんですけどね。
いくつになってもいちゃついてる様子は微笑ましいですが、家臣がこんな2人を
見たら、不安になっちゃうかもしれませんね…。

来週のサブタイトルは「大乱の予感」。いよいよ関が原に向かってGO!の
ようです。公式のあらすじを読むと、来週も六平太が千代に入れ知恵するみたい
ですが、千代が出しゃばらなくても充分話は面白いので、しばらく千代には黙って
状況を見ていて欲しい気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

スペードのA
2006年10月09日 00:52
もちきちさん、こんにちは。
最初の方にそんな面白いシーンがあったとは知りませんでした。私は多分その辺は腹筋とかやりながら音だけで聞いていたので、御飯のやり取りでそんなことまでしていたとは...
やっぱりちゃんと見ないとダメですね。

ものまねはビデオに録ったのでこれから見るつもりです。
もちきち
2006年10月09日 01:26
>スペードのAさん
私もながら見してるときは色々見逃したり聞き逃したりしてますね。ごはんの場面はほんとにおかしかったですよ。

最近は日テレのものまね番組のほうが、フジより面白いと思います。小野正利とか見ると複雑な気分になりますけど。
ねねむ唐象
2006年10月09日 07:41
TB、コメントどうもです。
>>新一郎は脳みそが筋肉で出来ているんじゃないかと心配していたのですが、なかなか先を読む能力があったようですね。
 主君が馬鹿正直だと家臣と妻が賢くなるらしい?家康も結構あいまいな方なので、おかげで本田忠勝等の家臣たちは自分で考えて判断できる人が多いらしいです。
bluestar1719
2006年10月09日 11:43
cocktail-lightのbluestar1719です。
いつもありがとうございます。

清正と正則って現場系ですよね。
三成は事務所系。ワタシがOLしてた時
もそうでしたが、事務系って現場のことは
じぇんじぇんわからないので、
何気ない言葉で現場の人間をキレさせて
しまうこともあるのです。
三成対清正&正則のシーン、それを思い出し
ました。
もちきち
2006年10月09日 12:09
>ねねむ唐象さん
>主君が馬鹿正直だと
確かに一豊に頼ってたら、どんな目に遭うかわかりませんよね。家康の場合、家臣を育てるためにわざとやってるのかも?と思えますが、我らが一豊君の場合は…(^_^;)

>bluestar1719さん
私はプログラマーなので、営業の人が無茶苦茶な仕事を取ってきて開発が「こんなんできるかー!」とキレる、というのならよく見ました。
三成は空気の読めなさで一豊と相通じるものがあるかもしれませんね~。
ミチ
2006年10月09日 18:13
こんにちは♪
前回は悪魔が乗り移ったかのような淀君でしたが、今回は憑き物が落ちたような顔をしていましたね~。
まさに燃え尽き症候群だと思います!
くみ
2006年10月09日 18:40
こんばんは。
確かに・・・新一郎でもわかることが、一豊には・・・。
人が良すぎますね。一豊くん。
あそこで「OK」と言ってしまったらどうしよう・・と気分は新一郎と一心同体でした。
それにしてもラストのほう・・・シリアスな事柄がこの二人にかかると馬鹿っぷるの惚けになってしまいますね。
ま、そこが面白いとも言えますが。
チエリ
2006年10月09日 19:49
新一郎の顔芸は確かに面白かったですね。
でもあんな風に三成助けてこの後どうすんのよ!とそればかりが心配になってしまいました。
りっきー
2006年10月09日 20:03
もちきちさん、こんばんは!
一豊も茂助に怒っては見たものの、心中は相当揺れ動いていたんですね。。。
お人よしな一豊さんが、どのような方向性を悩んだ末に選んでいくのか、来週も楽しみですね!!
もちきち
2006年10月09日 20:43
>ミチさん
ここで燃え尽きちゃったから、家康に天下を取られてしまったんですかね~。次回、淀の妖力は復活するかな?

>くみさん
一豊がなぜ三成を助けたのかよくわかりませんでしたね。新一郎もいちいち報告しにいかなきゃよかった、と思ってたかもしれません。

>チエリさん
ほんとにライフカードのオダジョーよろしく「どうすんのよ!」でしたね。新一郎をはじめ、家臣はほんと大変だと思います。

>りっきーさん
三成を助けにいくあたり、ほんとに一豊君ってばお人好しですね…。来週以降、一豊がどうやって家康側につくことを決心するのか、気になります。
おりょう
2006年10月09日 21:58
こんばんは
あと10回で大河も終りですか?そう考えると短いですねー。
説明口調の急ぎ足展開は まだまだ続くんですね。信長時代が長すぎた気がします。
劇団たぬき
2006年10月09日 22:26
>なんか東スポの一面の見出しみたい

なるほど(笑)たしかに。。上手いこと言いますね♪

たしかに後10回で土佐入国までやるのは、相当駆け足になりそうです。
三成に関しては、武芸のほうはどうだったんでしょうかねェ~
賤ヶ岳のときに、一番槍をつけたのは三成だった、と言われていますから、それなりだったとは思うんですけど、三成の真骨頂は民政とか、いわゆる軍人肌よりも政治家肌だったんでしょうね。
もちきち
2006年10月09日 23:06
>おりょうさん
あと9回でちゃんと終われるんかいな?
とドラマの内容よりもそっちにハラハラします。信長時代、ちょっと長すぎましたね。

>劇団たぬきさん
>一番槍をつけたのは三成
そうなんですか。頭はいいし武芸もできるっていうんだったら、清正&正則にはますますイヤな奴に映った…かも?
三成は参謀タイプだったんでしょうね~。自分が頭になるんじゃなくて。秀吉が死んでからは、残務処理みたいなのばっかりで気の毒な気も…。
かりん
2006年10月10日 20:56
もちきちさん、こんばんは!
>一豊の後ろにいる新一郎の顔芸が最高でした。
私も確認してみました。本当に百面相してましたね。新一郎も一豊の返事を冷や冷やしてるって・・全く一豊は心と言葉に距離がないだけに皆さんの命を縮めているようです。でも上手い返答をしていましたよね。自分ひとりの裁量では返事でないと答えたのでしたよね?一豊にしては上出来だと思いました。
もちきち
2006年10月10日 21:53
>かりんさん
>自分ひとりの裁量では
確かにその通り!ですね。ウチ帰って千代に聞かないとわからない一豊君でした…。その後ほんとに「千代ならどうする?」とか聞いてたし。しっかりしろ!殿!!
「感動創造」
2006年10月10日 23:33
こんばんは。

淀君は、たしかに燃え尽きてましたね。

そこですかさずダメ出しをする三成はたいしたもんです。

今後、三成と家康のガチが楽しみですね。
そこで一豊は、どのような心の変化があるのでしょうか!
もちきち
2006年10月11日 00:27
>「感動創造」さん
三成、淀に振り回されるだけの人じゃありませんね!
…ってこれからやっぱり振り回されるのか??

一豊、今回はうっかり三成を助けちゃったけど、これからどうするんでしょうね。新一郎じゃなくても心配です。
悠子
2006年10月11日 16:44
こんにちは~
今回新一郎の密かな活躍っぷりに感心しました。迅速な情報収集だけでなく変装も出来るなんて、もしかしたらお父さんより使えるかも?!
所で、「功名~」と関係ないですが、昨夜のフジTVのものまねでトリがぐっさんと友近でガックリしたのは私だけですかね…もうモノマネ番組は完全に日テレの方が質が上だと思います…
仁(茶猫)
2006年10月11日 17:06
いつもTBありがとうございます~^^
残り9回がむばって見るぞ~ ブログ書くぞ~^^;
もちきち
2006年10月11日 22:35
>悠子さん
>もしかしたらお父さんより使えるかも?!
そうかも(笑)。新一郎には山内家を支えるために頑張ってほしいですね。なんせ殿様がアレですから…。
昔は「ものまね四天王」とか言って、フジの独壇場だったんですけどね~。トリで盛り下がるのはカンベンしてほしいですよね。

>仁(茶猫)さん
こちらこそどうもです~
残り9回、私も頑張るぞ~!!
「感動創造」
2006年10月12日 09:00
もちきち さん

おはようございます。

ご丁寧にありがとうございます。
TB間違えは気にしないでくださいね。

私もたまにやっちゃいます(^^)
もちきち
2006年10月12日 12:29
>「感動創造」さん
こちらこそコメントありがとうございます。
ドラマもあと残り9回となりましたが、
これからもよろしくお願いしますm(__)m

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻~石田三成は結構良い人!

    Excerpt: 功名が辻ですが、石田三成中心に話しが進んでいきます。功名が辻の三成は、結構善玉で、逆に徳川家康がこれがまた憎らしい役回りになっている気はします。 まず、朝鮮から何とか生きて返って来た、加藤清正ら.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2006-10-09 00:53
  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会  拝啓石田三成様。

    Excerpt: おおっ!今日はなんとなく観てしまった。最近寝ることが大好きで事務的なことだけやって寝れるだけ寝てしまう、ニートの卵、てれすどん2号です(笑) Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-10-09 00:58
  • 功名が辻~ごはんおかわり!

    Excerpt: NHK大河ドラマ「功名が辻」第40話~三成暗殺秀吉の死後、ご飯のおかわりを忘れる程に豊臣秀頼のことを考える一豊。おかわりを忘れるなんて、と言われている一豊様がかわいいご飯のおかわりをして、一口ごはんを.. Weblog: うさうさ日記 racked: 2006-10-09 03:10
  • 功名が辻

    Excerpt: 第四十回「三成暗殺」 家来の恥は主君の恥というのなら、 暴走する正則や清正達と三成の争いは秀吉の恥と言うのかね? Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt racked: 2006-10-09 07:00
  • 功名が辻(10月8日)

    Excerpt: 秀吉の死後、家康が天下とりへ向かって着実に手を打つ・・・これをまったく見抜けぬ一豊「徳川様の心がわからぬ・・・」 Weblog: 今日感 racked: 2006-10-09 08:54
  • 「功名が辻」第四十回

    Excerpt: とうとう区切りの"四十回"になってしまいました。残り九回ぐらいかな・・。いよいよ、関が原へ向けドラマは動き始めた様です。タイトルは"三成暗殺"とついているんですが、三成が暗殺されたわけではない。三成.. Weblog: カクテルライト(Cocktail-light) racked: 2006-10-09 09:40
  • 功名が辻 40話

    Excerpt:  いつもながらこの夫婦、仲がいいですね~^^; 序盤から漫才やってるようなあのコ Weblog: 異世界への扉 racked: 2006-10-09 10:16
  • 大河ドラマ功名が辻40話を遡ってほしいのだ!

    Excerpt: いきなり「義の男三成!」ですか。 「三成は義の男だった」って突然言われてもなぁ・・。 何だか風向きが変わってきたような。先週も三成イイ感じだったしぃ。淀との妖しい関係はもう卒業ですか、それとも無か.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2006-10-09 15:11
  • 『功名が辻』 第40回 「三成暗殺」

    Excerpt: 家康、ついに動く。 Weblog: なんでもreview racked: 2006-10-09 15:43
  • 「功名が辻」第40回

    Excerpt: 「三成暗殺」 いよいよ家康の調略が始まりました。 諸大名は家康になびく者、様子を見る者さまざまです。われらが一豊は相変わらずの“律儀クン”ゆえ、秀頼を守るんだという気持ちの方が強そう。 ここで本日一.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2006-10-09 18:11
  • 功名が辻「三成暗殺」

    Excerpt: 功名が辻「三成暗殺」 「暗殺」ではない。 「失脚」です。 誤解を招くタイトルをつけないでほしいな・・・。 秀吉の死後、朝鮮からの撤兵が行われました。 7年続いた「無意味」な戦の終結です。 撤兵のた.. Weblog: 『ならうよりなれろ!!』 racked: 2006-10-09 18:47
  • 功名が辻  第40話

    Excerpt: 「正しいことは人に痛いものでござりますな」 「正しきことが正しき事と限らぬのが人の世とも申しまする」 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-10-09 18:49
  • 功名が辻 第40話 「三成暗殺」

    Excerpt: 先週の秀吉の死によりふんどし一丁で「待った、待った、待った~」と大喜びだった家康はついに天下を手中に入れるべくあからさまな行動を取るようになりました。朝鮮への戦から帰ってきた加藤清正達も多くのものを犠.. Weblog: さくら色通信 racked: 2006-10-09 19:46
  • 家康、着々と天下へ向けて・・・~功名が辻・第40話~

    Excerpt:  今回の功名が辻・第40話は、明から疲れ果てて帰国した加藤清正らを三成が出迎えるシーンから始まりましたね。  秀吉がいなくなったのを伝え聞いた清正らは、そのやり場の無い怒りを三成へと向けます。 .. Weblog: りっきーのブログ日記 racked: 2006-10-09 20:01
  • ついに本音を出し始めた、「たぬき」家康。

    Excerpt: ついに本音を出し始めた、「たぬき」家康が本領を発揮。とてもわがままで、挑発的です。浅井・朝倉に挟み撃ちにされた時に家康に助けられて以来、家康ずっとかっていたので簡単に「家康派」になびくと思いきや、秀吉.. Weblog: 「大河ドラマ」ブログ ~NHK大河ドラマ、「功名が辻」の感想。 racked: 2006-10-09 20:25
  • 功名が辻 家康vs三成

    Excerpt: とうとう 家康が動き出しました。 Weblog: ※悠然と,冷静に,熱く生きる 2 racked: 2006-10-09 21:37
  • 功名が辻40・・山内家の先行きは^^;

    Excerpt: 秀吉が逝った。。こらこら!千代~~!!一豊にご飯食べさせてあげてよ!!次から次に心配事を投げかける千代の相手をする一豊さま。。落ち着いてご飯を食べられません。。とりあえずここはほんわかムードで。。着々.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2006-10-09 22:33
  • 功名が辻 第40回

    Excerpt: 加藤清正、福島正則と三成は相当仲が悪い。どうしてこんなに悪いのか?。 正則「ぬくぬくと日本におって楽をしていた者に何が分かるか?」 三成「某の言葉足らずならばお許しくだされ。」 清正「治部少!。わし.. Weblog: ななさんにトラックバック racked: 2006-10-10 08:13
  • 功名が辻第四十回「三成暗殺」~ダブル左近に光は当たるのか~

    Excerpt: ドラゴン危機一髪!! ではなく 三成危機一髪!!! Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-10-10 23:38
  • 大河ドラマ 功名が辻・第40回「三成暗殺」

    Excerpt: 今夜でとうとう40回。もう終盤なんですねえ。 ここまで一話も欠かさず拝見してまいりまして、私が心に思うことは・・・人間最後に物を言うのは運の良さかなあと。 どんなに知恵が回っても、どんなに努力を重.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2006-10-11 21:10
  • 成宮寛貴 写真集・DVD&関連グッズ 激安通販

    Excerpt: 『功名が辻』に出演の 成宮寛貴 関連グッズを楽天で見る! DVD・CD・写真集・カレンダーなど・・・ Amazon でも見られます! ユーズド価格にも注目! Weblog: DVD&芸能人・タレントグッズ 激安通販・価格比較ナビ racked: 2006-10-20 01:16