東野圭吾「手紙」

東野圭吾の「手紙」が文庫化されたので、さっそく買って読みました。
文庫の帯にもありましたが、来月映画が公開されるんですよね。
山田孝之主演で。誰もほめる人がいなかった「変身」みたいなことに
ならないといいんですが…まあ山田はうまいから大丈夫か。





早くに両親を亡くし、兄弟2人だけで支えあって生きてきた剛志と直貴
しかし弟を大学に行かせたい一心で盗みに入った家で、剛志は家人を
殺害してしまいます。結果、強盗殺人の罪で剛志は刑務所へ。残された
直貴に剛志は手紙を送り続けますが、その手紙の存在は直貴に進学、
恋愛、就職と人生のあらゆるところで挫折を余儀なくするものでした。
そして守るべきものができたとき、直貴はついにある決断を下します。
それは―

投函前に検閲が入るため、服役中の兄の手紙はとてものんきな内容
です。兄のために社会からさまざまな形で迫害を受け、苦しんでいる
弟にはそれが腹立たしいものに思えます。しかし、兄が罪を犯して
しまったのは、もとはといえば自分を大学に行かせるための学費ほしさ
のため。そしてそれが殺人にまで発展しまったのは、兄が盗みに入った
家で、弟の好物(だと思っていた)の甘栗を見つけて、金と一緒に持って
帰ろうとしたから。もし兄がどうしようもないチンピラで、遊ぶ金ほしさに
罪を犯したのなら、弟も割り切りようがあったのに。直貴の心は無限
ループに入ってしまっています。

この物語の中で、東野圭吾は直貴の勤める会社の社長を通じて、犯罪者と
その家族への“差別”について語っています。かなりの極論でやるせない
ものなのですが、もし自分の周りに直貴のような人物がいたら…社長の
意見に反対できるかどうか。頭を抱えてしまいます。

話は「手紙」からずれますが、高野和明の小説で「13階段」というのが
あって、「手紙」を読んでて私は何度もこの小説を思い出しました。こちらの
主人公の立場は直貴ではなく剛志なのですが。こちらの主人公は自分が
服役中に、自分の家族が犯罪者の身内として社会から迫害されていた
ことを刑期を終えてやっと知り、愕然とします。剛志の心情は手紙の中で
しか語られることがないのですが、剛志も「13階段」の主人公と同じ心境
なのかもしれません。個人的には「手紙」よりも「13階段」のほうが、犯罪者
の身内がどのような目に会うか、壮絶に描かれている印象がありますが。

全編を通して笑いどころはなく、真面目な小説なのですが、それでも
気になったところに突っ込みを少々。直貴は通信制で入学した大学で、
ミュージシャン志望の青年、祐輔とバンドを組んでデビューを夢見ます。
そのバンドの名前がなぜか
「スペシウム」。
ウルトラマンのスペシウム光線から取った、ということだそうです。
東野さん、ちょっとこれはダサすぎです。
昭和のかほりがします。
こんな名前、コミックバンドでもつけないんじゃないでしょうか。もっとも、
この小説は直貴が高校生のころから、大学を卒業して社会人になり、結婚
して子供が生まれ…とかなり長い期間を描いてるので、直貴がバンドを
組んでたころはまだスペシウム光線も普通に…ってのも無理がありますね。
宮部みゆきの描く若い娘さんの描写とどっこいどっこい、ってとこでしょうか。

で、映画ですが、原作の直貴がミュージシャン志望で歌がうまいということに
なっているので、山田孝之も歌うのかと思いきや、映画の直貴はミュージシャン
ではなく、お笑い芸人を目指していることになってました。原作の直貴の暗い
雰囲気から、お笑い芸人はどうしても想像できないんですが…。あと、直貴を
巡る二人の女性を演じる女優2人、朝美役の吹石一恵はともかく、由美子
役の沢尻エリカはちょっとイメージと違う気が…こんなかわいい子がやって
いいのか?まあ由美子はちょっとヤンキーっぽい感じもしたので、そのへんは
しっくりくるかな?

それにしても、小説を読む前に映画のキャスト(山田、玉鉄、沢尻)を知って
たので、読んでる最中ずっと頭の中を山田がうろうろして困りました。朝美は
誰が演じるのか知らなかったから、黒木メイサのイメージで読んでたのですが。
こういうのがあるから、ドラマとか映画とかになった小説を読むのが苦手なの
よね~。映像化される前に読むのは平気なんだけれど。

余談ですが、私はなぜか映画だと原作を読んでから映画館に足を運ぶことが
多いのですが、ドラマの場合逆で、原作を知っているとわざわざテレビで見る
気がしなくなります。映画は小説を読んでおいたほうが見やすいし、ドラマは
あらすじを知っているといちいちテレビの前で平日の貴重な一時間を使いたく
ない、と思ってしまうから。なのでドラマ「白夜行」も見てないし、のだめもドラマ
まで見る気がしない…。

手紙

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

お姉さま
2006年11月01日 01:02
今日読み終わった!
直貴の会社の社長が直喜に由美子の手紙を渡すところは、電車の中なのに涙が出てしまった。

そう…罪を犯した場合はその家族もまた十字架を背負う…
「屁こきの妹」と私が石をぶつけられたように…
もちきち
2006年11月01日 08:45
>お姉さま
その十字架を君は一生背負っていくのだよ。
「屁こきの妹」として…。

この記事へのトラックバック

  • 手紙 小説

    Excerpt: 映画のレビューはこちら  映画を観て感動し、無性に原作を読みたくなったのだ。まさに映画会社と出版社の思う壺だが、それだけこの作品が素晴らしいのだろう。 手紙 著者:東野 圭吾販売元:文藝春秋Amazo.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2006-11-19 13:10
  • 「手紙」東野圭吾著、読んでみました。

    Excerpt:   「手紙」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」15作目です。かなり重い内容ですし、楽しい話じゃ無いんですが、作者の力量もありどんどんページが進みました。「剛志」が犯した「重罪.. Weblog: 男を磨く旅 racked: 2007-06-01 05:06