「功名が辻」第34話。

みなさんこんばんは。ハンカチ王子のフィーバー、いまだにやみませんね。
あまりの加熱ぶりに、だんだん王子が気の毒になってきました。…なんて
いいつつ、私もテレビやネットをチェックしているんですけどね。





さて、今週の感想ですが、第34話のサブタイトルは「聚楽第行幸」。聚楽と
いえば、上野公園の近くにある…って、それは
「じゅらくよーん」
の聚楽ですね。先週もやりましたね、コレ。使いまわしてすみません。

某民放の黄色いシャツ番組を見ていて、オープニングは見逃してしまいました。
聚楽第についての説明とかだったのかなー?あとで他の方のブログで確認
しようっと(←他力本願)。

で、本編。先週のラストで拾った赤ん坊を、千代が嬉しそうに世話をしています。
この赤ちゃん、かわいいですねー。しかし新右衛門は渋い顔。どこの誰かわから
ない子供に、山内家は継がせられない、と思っているようです。先週はボケボケ
してて、「大丈夫かこいつ?」と思ってしまいましたが、今週は頭がはっきりして
いるようです。まだらボケ?

千代は新右衛門の息子の新一郎の妻から、捨て子の乳を分けてもらおうと
提案します。新一郎、いつのまにか結婚してたんですねー。父親に似て、子沢山
のようです。ここで新一郎の嫁がちらっとだけ登場。この嫁を見て、
お市様の侍女じゃねーか!?
と一瞬驚いたのですが、そんなはずないですよね。でもそう思ったのは、きっと
私だけじゃないはず…。

千代がのほほんと捨て子の赤ん坊をあやしている頃、秀吉の側室になった
茶々は寧々のところに挨拶に伺っていました。最初はにこやかに始まった
2人の会話も、話が進むうちにヒートアップして、最後に寧々が立ち上がった
時はこのまま茶々につかみかかるのかと思いました。主筋である織田の血を引く
茶々に向かって何度も「側女」と呼ぶ寧々と、「自分が豊臣の跡継ぎを生んで
みせる」と言い切る茶々の対決、怖かったです。ええ、ほんとに迫力満点でした。
誰がこのドラマの主役なのかわからなくなるほど…

で、われらが主人公の一豊はどうしていたかというと、後陽成天皇の聚楽第の
行幸をとりしきるように秀吉に命ぜられて、めちゃくちゃ困惑してました。そりゃ
そうでしょう。有職故実にうとい一豊君に、天皇や公家をもてなすなんて…。
三成も一緒にやることになってますが、一豊君は三成君のことがなんとなく
嫌いなので、素直に「わからないところは教えてくれ」と頼めません。一豊君の
マブダチの堀尾君が、聚楽第の普請を褒められたときに、謙遜してたら最後に
三成君に
「すべては上様のおかげ」
とオチをつけられたところはおかしかったです。
三成も空気読めない人だったのかなー?

一豊君は行幸のために蹴鞠を練習したり、なれないことに悪戦苦闘している
ころ、千代も寧々に頼まれごとをしていました。千代に天皇に見せる内掛けを
縫ってほしいということでした。このエピソードは原作にも出てきましたね。百姓
あがりの秀吉が、京の公家達になめられないように、千代の美しい内掛けが
必要だったそうです。この理由も原作とほぼ同じですね。史実がどうだかは
わかりませんけど。「公家ことばなんてわからん」と言いつつ、一豊君が
「おじゃる」と言ってたのがおかしかったです。

なれない仕事にぶつくさいってる一豊を、千代が「素直な心で三成様にお聞き
あそばしませ」となだめてましたが、結局一豊君はふてくされて、仮病を使って
ひきこもってしまいました。
一豊、ヘタレすぎます。
こんなダンナでいいのか、千代?

一豊がふてくされていた理由のひとつに、年若の加藤清正と小西行長が
肥後50万石を半分こして与えてもらったこともあるそうです。清正と行長が
反目しあっていたので、互いに互いを見張らせる、という秀吉の策略だった
のですけど、そんなことニブチンの一豊君にわかるわけないしねー。自分も
九州攻めに行きたかった、と今更なことをいってごねてます。先週の法秀尼
様の遺言はなんだったんでしょう。全然反省してませんよ、この人。

で、この清正&行長の話は、寝所で秀吉と寧々がお互いをマッサージしあい
ながら決めたことなのですが、それ以外にも朝鮮出兵の話も出ていました。
先週の一豊&千代のラブラブマッサージ(この呼び方やばいかな)と比べると、
おっかないピロートークですね。夫婦って、色々なのね…。

いよいよ行幸が始まっても、一豊は腹を下したというミエミエの嘘をついて
家に引きこもってました。情けなすぎです。私が千代だったら、布団をひっぺ
がして蹴り飛ばしますが、そこはさすが千代、一豊の操縦術を心得ています。
「仮病がばれないといいですけどね…」
と、一豊君のチキンハートを刺激して、聚楽第へと向かわせました。仮病が
バレる可能性があったかどうかはわかりませんが、一豊のことだから千代に
そう言われただけで、皆にバレてしまうと思い込んだんでしょうね。衝立の
陰から、そーっと様子を伺っている一豊の姿に爆笑しました。

前半の女の戦いの場面で、「聚楽第に行きたい」とねだる茶々に寧々が
「側女の分際で」とぴしゃりと言ってのけていたのですが、茶々に甘い秀吉は
あっさり茶々を聚楽第に招いてしまいます。千代の内掛けの前で、茶々を
連れてやってきた秀吉が寧々と鉢合わせする場面は、画面の隅に映った
寧々の後ろ姿が怖くてたまりませんでした。いやー、秀吉にとってはホラー
映画より怖かったでしょうね。

行幸は成功をおさめ、千代たちが飾ってあった打掛を片付けているところに、
茶々が登場。千代の縫った内掛けを欲しいと言います。それは天皇に献上
することが決まっていて、茶々もそれは承知だったのですが。茶々が言いた
かったのは、その昔お市様が、千代が寧々に頼まれて縫った小袖を奪って
いった話でした。お市様は寧々に恨みがあってやったわけじゃないでしょうが、
茶々は寧々に対して思うところがあるようで。その後、秀吉に「懐妊した」と
告げるときの勝ち誇った顔、怖かったです。今週は茶々と寧々に怖い目に
遭わされまくりでした。たまに出てくる山内夫妻のほのぼのぶりで、なんとか
平常心を保つことができました…って、主役の扱いがそれでいいんかい。

そしてあっという間に時は流れて、茶々は男の子を出産。生まれたわが子を
見つめて涙を流す茶々。なんの涙だったんでしょう。秀吉に男子が生まれて、
動揺するのは秀次です。堀尾君のアドバイスで、秀次は一豊を連れて秀吉
のもとを訪れます。一豊を連れて行くのは、「自分に腹黒いところなんて
ありませんよ」っていう証しみたいです。腹黒いところはない…っていうか、
一豊の場合、腹黒くなれるほどの知恵もない…主役なのに…。

誰よりも先にお祝いにかけつけた、ということで秀吉にほめられる秀次。しかし
喜んだのもつかの間、結局は豊臣の後を継ぐのは秀次ではなく生まれた鶴松
だということを思い知らされるだけでした。秀次かわいそー。これでグレちゃった
のかな?

秀吉に「秀吉亡き後天下を取るのは誰か」と問い詰められて、秀次も一豊も
答えられません。うかつに「○○です」と言える状況でもないですが、それ以前に
この2人の場合、ほんとに思いつかなかったんじゃないかという気もします。

で、秀吉が2人に示した答えは「黒田官兵衛」でした。軍略にも政治にも長けてる
官兵衛が、秀吉亡き後天下を取るだろう、と秀吉は言ってるのですが…他の
大河ならともかく、今回の黒田官兵衛にそこまで出来るとは到底…。説得力
ないですよ、大石さん。それを秀吉に言わせるなら、もうちょっと官兵衛に活躍の
場を与えてやってくださいよ。私にはただの親バカの印象しかありませんよ。

そんな秀吉の読みに気がついたのか、官兵衛は隠居を申し出ます。あと継ぎの
長政って、千代と一豊が一時期預かっていた子供でしょうか。足も悪いし、
これからの世の中軍師なんていらんだろう、と官兵衛はいいますが、秀吉は
受け入れませんでした。小田原攻めまで付き合え、と。官兵衛の申し出を断る
ときの秀吉、有無を言わせぬ雰囲気が不気味でした。

鶴松が生まれたことで、秀次は秀吉のあとを継げなくなると一豊が嘆きます。
一豊は秀次の宿老なんですから、無理もありません。しかし千代は、
これで秀次のプレッシャーがなくなったからいいじゃないか
とのんきなものです。秀次の扱いは、原作とドラマで全然違うので今後どうなる
のか予想がつきませんが、多分これから秀次が悲惨な目に会うことは変わらない
んでしょうね~。秀次の最期なんて、どうするんだろ。ほとんどスプラッタなのに。

鶴松が生まれて、三成が茶々のもとにお祝いを言いにきてました。自発的に
なのか、茶々に呼び出されてしかたなく、なのかどっちかわかりませんが。
茶々が鶴松を抱いて三成の横に座ったとき、
「そなたに似ておろう」
なんて言い出すんじゃないかとドキドキしましたが、そういうわけではありません
でした。「この子を頼みましたよ」って言ってましたけど、茶々にしてみれば
三成に秀吉の側室になれと言われたから側室になって、秀吉の子供を産めと
言われたから子供を産んで…なわけですから、茶々にとっては鶴松は
自分と三成の子
に等しいのかもしれませんね。

茶々&三成はドロドロ昼メロ展開ですが、千代はそのころ拾をつれて、町で
お買い物をしていました。そこですれ違いざまに見覚えのある顔を見つけて、
慌てて追いかける千代。ここで六平太か?と期待をしたのもつかの間、
野口老後、じゃなくて副田甚兵衛さんでした。行方知れずになっていた甚兵衛を
見て、息を呑む千代…で、ここで、
続く。

甚兵衛、2週に渡ってやるほどのネタかー?と思ってましたが、来週の
「北条攻め」では、旭にも色々あるようです。旭が出てくると千代がしゃしゃり
出てくるので、あんまり嬉しくないんですけどね…。それよりもむしろ秀吉の
小田原攻めを丁寧にやってほしいなー。旭には悪いけど、どう考えても
そっちのほうが面白そうだもの…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねねむ唐象
2006年08月27日 22:54
TBありがとうございます。
>秀次のプレッシャーがなくなったからいいじゃないか
 でも、秀吉死後のお茶々がこういう考えが出来ていれば豊臣家は滅んでなかったかも。
>秀吉にとってはホラー映画より怖かったでしょうね。
 やはり学問教養が無かった秀吉。これが家康だったらお茶々の行為は叱りつけたぞ。
もちきち
2006年08月27日 23:45
>ねねむ唐象さん
こちらこそありがとうございます。
>豊臣家は滅んでなかったかも。
確かに…やっぱり先を読むことができない人が滅んでいくんでしょうね。一豊には千代がいたからよかったものの。
スペードのA
2006年08月28日 00:40
もちきちさん、こんにちは。
今回の一豊はダメダメでしたね。
北の政所vs淀君は、今後もこのドラマの見せ場になりそうですが、ここだけ大奥の音楽を流すのもいいかもしれません。
私も来週は北条攻め中心でいって欲しいわけですが、多分北条の人は誰も出てこずに終わる気もしないではありません。
bluestar1719
2006年08月28日 08:09
cocktail-lightのbluestar1719です。
いつもありがとうございます。
TBありがとうございました。

斎藤君・・ギャルよりもマダム連が夢中
で暴走してるのが問題なのよね(苦笑)
彼女らがホントに野球が好きで応援してるの
か怪しいですもん。

ドラマですけど。仰るように話があちこち
に飛ぶので焦点が見えないんですよ。
いろんな人を描きたいのはわかるのですが。
来週「北条攻め」ですけど、しっかり描いて
欲しいですよね。










もちきち
2006年08月28日 12:55
>スペードのAさん
こんにちは。一豊の扱われ方、回を増すごとにひどくなってますよね。他に描き様がないのか、と脚本家の手腕を疑いたくなります。
>多分北条の人は誰も出てこずに終わる
…なんか、私もそんな気がします…。

>bluestar1719さん
こんにちは。決勝戦は2試合ともよかったし、両校のエースは2人ともすごいと思うのですが、ちょっと騒ぎすぎですよね。。。
>話があちこちに飛ぶ
最近はあまり遡らなくなりましたけど、それでもややこしいですよね。山内家の場面とその他の場面一つ、くらいのすっきりした構成にしてほしいです。
小春
2006年08月28日 22:13
コメント、TB有難うございます。
いつも楽しく感想を読ませていただいております。
いつも勝手にTBさせていただいてますが、
コメントを残してくださったり、とても嬉しく思っています。
これからもちょくちょくお邪魔させていただきますね^^
もちきち
2006年08月28日 22:59
>小春さん
こちらこそ、わざわざお越しいただいてありがとうございますです。
私も小春さんの突っ込み、楽しく読ませていただいてます。一豊にはもうちょっと頑張ってほしいですねー。
くみ
2006年08月28日 22:59
こんばんは。
TB貼らせていただきました。
一豊をあんまりヘタレにしすぎるのもどうか?と思いながら見ました。
主人公・・・・。

それよりも寧々さまVS茶々さまが凄すぎて、秀吉もあの場面は見てないですよね。
アレ見たら倒れそうですね。

ところで新一郎のヨメですが、私も思いました。
お市さまの侍女・・・でも、年頃がつりあっているのか??と。
もしかして女優さんの使いまわしとか!?
もちきち
2006年08月28日 23:12
>くみさん
トラバありがとうございます♪
寧々VS茶々、これからもやるんでしょうね…。面白そうだけど、一豊の影がますます薄くなる気がします。今だって充分薄いのに。

>女優さんの使いまわし
私もちょっと思いました。拾の乳母として、これから出てきてくれないかなぁ。
「感動創造」
2006年08月29日 00:02
こんばんは!

どうも!ヘタレ一豊応援団の感動です!(笑)

しかし仮病とは。。
どこまでヘタレなんでしょうかねぇ・・・

しかも史実らしいというので
驚きを通り越しました!!

こうなったら最後まで
ヘタレ全開でいってほしいと願うのは私だけでしょうか。
もちきち
2006年08月29日 12:22
>「感動創造」さん
>しかも史実らしいというので
マジですか!
一豊あかんやん!!(笑)
>こうなったら最後までヘタレ全開でいってほしい
ヘタレのまんま、土佐二十四万石の大名に…
なったら面白いですね。
おりょう
2006年08月29日 21:53
秀吉亡き後の天下の事を問われて
>それ以前にこの2人の場合、ほんとに思いつかなかったんじゃないかという気もします。

これ爆笑です。絶対思いついてませんね、とくに我らが一豊は(笑)
もちきち
2006年08月29日 23:02
>おりょうさん
秀次もかなりポケポケしてますからねー。
一豊は100%思いつけなかったことでしょう。
千代に言われて「ああそうか」ってのが関の山なんじゃないでしょうか。情けなー。
悠子
2006年08月30日 21:29
こんばんは~今年の甲子園のイチオシ選手は
駒苫の主将・本間君、な悠子です(笑)
「じゅらくよ~ん」ってマリリンモンローのそっくりさんが出てるCMですよね?(昔東京に住んでた頃に見た記憶が…)
しかし本当に一豊様のへたれっぷりが加速している今日この頃。でもそれが彼のいい所☆とあきらめて、へたれ大名になるまで生温かく見守りたいと思います。
もちきち
2006年08月31日 01:50
>悠子さん
>それが彼のいい所☆
「それがアナタのいいと・こ・ろ」
ビールのCMでしたっけ?懐かしい…。
>へたれ大名
そうですね!“トップ・オブ・へたれ”として、一豊君には大河の歴史に名を残してもらうことにしましょう♪
さくらこ
2006年09月01日 09:41
もちきちさん、こんにちは!
こちらからはやはりTBが飛ばないのですみません。
今回も色んな話が盛り込まれていましたが、何をコメントしましょう、と思い、黒田官兵衛を選びました。
秀吉にあそこまで言わせるような人物に見えないですよね。
半兵衛は要所要所でお!と思う発言もあり、見るからに理知的だったのですが、官兵衛さんは、たま~にみんながわいわいやってる時に、「おやめなさりませ」程度の台詞が入るくらいでしょう?

秀吉があそこまで恐れている、と言うのが伝わってこないですよね~・・・。
もちきち
2006年09月01日 21:28
>さくらこさん
こんばんは!トラバ、うまくいきませんか…。
私も時々あります。なんででしょうね??

官兵衛、このドラマだと秀吉のエロい妄想聞かされたり、評定で秀吉の意見を聞いて「おお!なるほど!」って感心したり、あんまりかっこいい場面ないですよね~。
これからかっこいいトコ見せてくれるんでしょうか…?

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻

    Excerpt: 第三十四回「聚楽第行幸」 秀吉は一豊に、秀長の役割を考えていたのかもしれない? Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt racked: 2006-08-27 22:47
  • 功名が辻感想!~山内一豊のズル休み!

    Excerpt: 功名が辻ですが、聚楽第行幸ということで、聚楽第という秀吉の豪邸に時の天皇陛下が行幸するわけです。 千代(仲間由紀恵)は、家の前に捨てられた赤ん坊を拾って可愛がっていましたが、子供をあやしている仲間由.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2006-08-27 23:04
  • 功名が辻*聚楽第行幸

    Excerpt: とうとう湘南和尚が登場しましたね。。。 おっと、ネタばれなのでこれ以上は控えま Weblog: せるふぉん☆こだわりの日記 racked: 2006-08-27 23:27
  • 「功名が辻」第三十四回

    Excerpt: 今日は20時~のを字幕を出して見ましたよ。セリフが字面で追えるんで、結構助かってます。今週も二部構成っぽい作りでしたね。タイトルが示すように前半は後陽成天皇の聚楽第行幸。(「後陽成天皇役」って柄本サン.. Weblog: カクテルライト(Cocktail-light) racked: 2006-08-28 08:02
  • 功名が辻34一豊引きこもりになりずる休みの巻

    Excerpt: 大河ドラマも夏休みですか? ホームドラマでもなく戦国歴史ドラマでもない、どっちつかずの何とも中途半端でしまらないダレダレドラマになってしまいました。 本日のストーリ、簡単に云えば エピソード.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2006-08-28 10:30
  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 山内家に笑顔が戻ってきた。

    Excerpt: 無事東京から戻ってきて、ビデオ鑑賞後記事を更新しました。コメント・トラックバック返しはこれよりさせていただきます。夜行バスで、世田谷・川崎のウルトラマン展に行ってきました(詳細は後ほどアップ)。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  racked: 2006-08-28 11:10
  • 第34回「聚楽第行幸」8月27日放送

    Excerpt: 実家から帰ってきました。実家でのんびり~♪家族と買い物したり、母に作ってもらったご飯を食べたり花火を見たり、作りかけのキルトを仕上げたり、妹とバレーをテレビ観戦したり、夜はちょこっとGSやったり(笑).. Weblog: ぐうたらのんびり日記 racked: 2006-08-28 11:29
  • 鶴松、誕生の影に。。。~功名が辻・第34話~

    Excerpt:  今回の功名が辻・第34話は、秀吉と茶々の間に子供が誕生するお話がありましたね。  実子の世継が出来たことで、とても喜ぶ秀吉の影で、微妙な立場になりつつあるのが、甥に当たる成宮くん演じる秀次。 .. Weblog: りっきーのブログ日記 racked: 2006-08-28 20:29
  • 功名が辻「聚楽行幸」

    Excerpt: 功名が辻「聚楽行幸」。 山内家の門前に捨てられていた赤ん坊を育てることにする千代。 千代の拾ったこの子は後に数奇な運命をたどることとなる。byN○K。 ま、どうなるかは知ってますが、一番正しい選択だ.. Weblog: 『ならうよりなれろ!!』 racked: 2006-08-28 22:49
  • 功名が辻第三十四回「聚楽第行幸」~大河仲間の皆様へご報告含む~

    Excerpt: 大河も私も、新たな展開が・・・・ Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-08-29 00:04
  • 功名が辻 第34話

    Excerpt: この子を頼みましたよ! Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-08-29 00:24
  • 「功名が辻」第三十四回

    Excerpt: 「聚楽第行幸」よりも、何故かしら女の闘いに目が入ってしまった「功名が辻」。一豊クンのダメっぷりはどうよ。(笑) Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-08-29 22:47
  • 功名が辻第33回「母の遺言」・第34回「聚楽第行幸」

    Excerpt:  長い間更新出来ず申し訳ございませんでしたm(_ _)m。  今回は合併号という形をとらさせていただきます。 今回は(前々回放送~次回放送?まで)、流れが一気につながっていそうな雰囲気ですが。  前.. Weblog: 岐阜の路面電車再生祈願!名古屋・交通・ニュースなblog racked: 2006-09-01 22:23