誰も寝てはならぬ

いよいよトリノでフィギュアの女子シングルの競技が始まりました。22日は
午前2時半に一旦起きてビデオをセットしてから(うちのビデオが壊れてて
タイマー録画できないのです)、荒川さんの出てくる5時半までもいちど
寝ました。おかげで今日は一日中眠かった。。。。



2時半に起きてビデオをセットしたとき、NHKのキャスターが安藤さんの出番は
午前5時ごろと言ってたのですが、さすがにその時間に起きるのは厳しいと
思ったので安藤さんの演技は今日の夜ビデオで見ました。5時半に起きて
安藤さんの結果を聞いたときは、ジャンプでミスしたこととスパイラルでフェンス
ぎりぎりを滑ってあぶなかったことしかわからなかったので、あんまり出来が
よくなかったのかと思ってたのですが、ビデオで見たらそうでもありませんでした。
むしろ去年の暮れよりもよかったと思います。あくまで素人の意見ですが。
実況の人は新しい衣装に不満だったみたいですが、個人的にはイタリアを意識
したデザインでかわいいと思いました。確かに黒っぽい衣装は重い印象を与えて
しまって、軽やかな感じではなかったですが。でもおかげで上半身が締まって
見えたし、短い髪と中世イタリアっぽいデザインがマッチして、ボーイッシュで
さわやかな感じがしました。

で、リアルタイムで見たスルツカヤはというと、さすが女王!でした。演技が始まっ
た途端、一気に目が覚めましたもの。まさに
「私はここに金メダルをとりにきたのよー!!」
という声が聞こえてきそうな演技でした。これでもかというほどのビールマンスピン
にきっちりきめるジャンプ、完璧なステップ、非の打ち所がありません。
・・・衣装以外は。スルツカヤの得点が出たときは、これで彼女の金メダルが
決まったな、と思いました。そのときは、ですが。

そしてお次は(滑走順が次というわけではない)荒川さん。相変わらず荒川さん
以外の人には絶対似合わないであろう、美しい衣装で登場。しかし演技の直前に
鼻をひくつかせたのがアップでカメラにうつってしまって、そのあと何度もその
部分がニュースで流れたのでちょっと気の毒。3-3のコンビネーションが3-2に
なってしまったのは残念でしたが、長い手足とやわらかい体を活かした誰よりも
美しい
スパイラルにスピン、優雅なステップには、まだショートプログラムなのに
その豊かな芸術性に見ていてうっとりしました。

日本勢3番手の村主さんの時間(午前7時)はもう家を出なければいけない時間
だったのですが、なんとか粘ってスコアが出るまで家で見ました。村主さんの
次が地元イタリアの選手のコストナーだったので、いつものように観客を味方に
つけるのは難しいかなーと思っていたのですが、さすが銀盤のアクトレス
がっちり観客のハートを掴んでました。最初のコンビネーションジャンプは慎重に
手堅くまとめてましたが、中盤のダブルアクセルジャンプが決まったあたりから
乗ってきたようで、サバテアド(かな?)をバックにステップを決めていくところは
見ていて鳥肌がたちました。得意のはずのスピンにちょっと勢いがなかったのが
残念でしたけど。演技とはあまり関係がありませんが、終わってからリンクに投げ
込まれたプレゼントをダイレクトにキャッチしたのは、観客にかなり好印象だった
のではないでしょうか。村主さんはこれまでいくつもの逆転劇を見せてくれた
ので、フリーの演技が楽しみです。

次のコストナーは転倒してしまって点が伸びず、最後はサーシャ・コーエン。
「もしかしたら…」と思ってたらやっぱり来ましたね。スルツカヤを抜きました。
柔らかい体を見せつけるかのような演技で、コーエンの演技があまり好みでない
私でも、文句のつけようがありませんでした。あえていうなら衣装かなー。ロシア
風なのか?でもソルトレークの時、スルツカヤが金をとれなかったのが気の毒
だったので、今度こそ彼女に金メダルを取らせてあげてほしいのですが。。。

最後にオマケの話。大阪に住んでる姉が、安藤さんがキスアンドクライにいた時に
横に座っていた神田川俊郎みたいな人(日本スケート連盟の城田さん)は
誰かとメールで私に聞いてきました。それに対して私は
「曽我ひとみさんだよ」
と返事を送っておきました。いやーでも似てますよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック