Creme Tangerine

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ハチミツとクローバー」第5話。

<<   作成日時 : 2008/02/06 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 2

「ハチミツとクローバー」、第5話の感想です。5話目にして第1話から
1年が経ってしまいました。早過ぎです。でもあの長いストーリーを
ドラマ放送期間分の3ヶ月に詰め込むのも無理があるしなぁ。





はぐが大学に入学して1年が経ちました。5人はどうしているかというと、

森田→NYで制作に励む。たこやきは食べてない。
真山→藤原デザイン事務所で働く。リカさんへの片思い続行中。
山田→大学院へ。真山への片思い続行中。
はぐ→コンクールで受賞。修ちゃんの研究室で制作に励む。
竹本→進級しただけ。

…っておい、

竹本しっかりせんかい!!

はぐと森田の間に竹本の入る余地がない、というのはとっくにわかっている
ことですが、それにしたって情けないぞ!!竹本、見せてくれよ、

凡人の意地ってやつをよ!!

最近はドラマでもマンガでも天才モノがやたら多くてインフレ状態だから、
たまには一般人目線で頑張ってる主人公が見たいのにぃ。ぶーぶー。

そんな私の愚痴はさておき、今週はいつまもうじうじしている竹本に喝を
いれるために(嘘)、竹本の義理の父親であるカズさんがデコトラで上京して
きました。竹本の母親である美津を笑わせるために、東京のあちこちで
ビデオを撮るカズさんと、そしてそれにつきあわされる竹本とはぐ。この場面は
ほとんどが屋外ロケだったので、いつもより画面が明るくて見やすかったです。

カズさんを演じてるのは劇団☆新感線の橋本じゅんさん。一瞬メタルマクベスを
思い出しましたが、竹本に牛乳を飲めとは言ってませんでした。カズさんが
「美津さんを笑わせたい」と言ってやるギャグはどれも寒かったですが、すぐ
そばにいるはぐを笑わせるどころか何にもしない竹本よりはましかも、と思い
ました。ほんとに竹本には学習してほしいですわ。このままじゃいくらなんでも…。

しかし、うじうじ竹本にもひとつだけいいところがありました。それはギャグパート
が減ったこと。カズさんが持ってきた竹本のベッドで寝る庄田教授とか、3年
連続で福引に当たったローマイヤー先輩、新巻鮭にうっとりする美和子さんと、
竹本以外の人たちに笑わせてもらいました。今では庄田教授なしのハチクロ
なんて考えられません。
絶対不可欠キャラです。

大体このドラマはいつも前半が微妙なギャグシーンで、真ん中あたりから山田の
切ない恋物語が来て、それからちょっといい話でじーんと来て終り、という構成に
なっていますが、今週はカズさんと真山の話&竹本のビデオレターにちょっぴり
じーんときました。真山がカズさんのところに飲みに来たのを見て最初は「?」と
思いましたが、カズさんの美津さんへの思いは、竹本のはぐへの、真山のリカ
さんへの思いと通じるものがあったんですねー。

カズさんが真山に語った話を聞いて、いつもいいわけばかりだった竹本が一歩
前進…しそうになったところでなんと森田がNYから帰還!!たった1週間で
帰ってくるなんて(←違う)。あと、すきやきくらいジャンケンで奪い合わずに
皆でなかよくシェアすればいいじゃないかと思いました。「フレンズ」のジョーイ
じゃないんだから。

次週予告では竹本がリクルートスーツ着て自転車こいでました。修ちゃんが
勧めてた知り合いの会社はどうするんでしょう(原作通りならその会社は…に
なるけど)。とりあえず生田があのいろんな意味で痛々しい半ズボンから解放
されたことにはほっとしています。



おまけ:今週のボンビーメン。
健気な白石ちゃんに涙…もうこの子が主役でいいよ。
あと、一美は学生なのに馬券かってもいいんだったっけ?ドラマ内で説明が
欲しかったです。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【第5話】ハチミツとクローバー 「一番の存在でなくてもいい」
今日はハチクロ第5話です。朝にちょいと触れましたが、昨日のめざましテレビ内での「広人苑」で斗真が出ていましたが、じゅんさんと斗真、成海さんが楽しく談笑していた場面が流れていました。前にも書いたかもしれませんが、斗真とじゅんさんは初共演です。内容もですが... ...続きを見る
箒星
2008/02/06 00:46
ハチミツとクローバー 第5話 4度目の春
内容花本はぐみが大学に入学して1年。国際芸術大賞を最年少で受賞し、有名になっていた。森田忍はNYに行ったっきり音信不通。真山巧は、無事卒業し藤原デザイン事務所で働き、山田あゆみは、大学院へと進学していた。それぞれがそれぞれの道を歩み始めたなか、竹本祐太... ...続きを見る
レベル999のマニアな講義
2008/02/06 00:48
ハチミツとクローバー〜第5回・一番の存在でなくてもいい
ハチミツとクローバーですが、時は流れ竹本(生田斗真)も4年生になってます。花本はぐみ(成海璃子)は油絵が認められ記者会見までやってますし、他のメンバーも順調のようですが、竹本だけが何も変わりません。 初めてはぐみと出会った思い出を自ら汚してましたが、竹本の父親がだるまを持って大学までやって来ます。(以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2008/02/06 01:12
ドラマ「ハチミツとクローバー」5話  勝つ意味はないけど平井堅に勝ちたい
火曜の夜、仕事から帰ってテレビをつけるとなぜか毎週放映してるので(←当たり前だ)、毎回途中からですがほぼ全話見てます。 ただし、オープニングタイトルを1回も見たことないんですけど<でも、感想書くんだ… ...続きを見る
DOWN IN SMOKE 猫馬鹿...
2008/02/06 01:13
ハチミツとクローバー#5
「ハチミツとクローバー」#5 竹本祐太は大学四年目の春を向かえていた。はぐみはこの春に国際芸術大賞を最年少で受賞し、美術界で注目を浴びる存在になっていた。あゆみは大学院、真山は美大卒業後、藤原設計事務所に就職しバリバリ働いている。森田は音信不通だが、芸術に没頭していることだろう・・。そして自分は・・何も変わってはいない・・。そんな時、祐太の前に突然現れたのは父親の稼頭男。やかましくてなんかずうずうしい稼頭男。祐太は嫁頭男のことが苦手なのだ。人の懐にずかずかと踏み込んでくるから・・。 祐... ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2008/02/06 02:46
【ドラマ感想】 ハチミツとクローバー第5話「一番の存在でなく...
オレはこの人がちょっと苦手だいつになるかわかんないけど「父さん」て呼べるように練習しておきます今日はある事情(某銀魂)で忙しかった(っていうか、疲れ果てた)ので、感想は簡易感想で。いやもう、斗真くんな竹本くんが掛け値なしに切ないのなんのって。あなた、一... ...続きを見る
読書とジャンプ
2008/02/06 06:02
「ハチミツとクローバー」第5話
第5話はぐみが大学に入学してから1年が過ぎようとしていた。ある有名コンクールに絵を出品したはぐみは最年少で賞を取り、海外のメディアからも注目を集める。一方、森田はニューヨークに行ったまま音信不通状態。無事に大学を卒業した真山は美和子のいるデザイン事務所... ...続きを見る
日々“是”精進!
2008/02/06 07:25
ハチミツとクローバー 第5話「一番の存在でなくてもいい」
ハチミツとクローバーの第5話を見ました。はぐみが浜田山美大に入学してから1年が過ぎようとしていた。ある有名なコンクールの国際芸術大賞に絵を出品したはぐみは最年少で賞をとり、海外のメディアからも注目を集めていた。受賞のインタビューを受けたはぐみは影響を受け... ...続きを見る
MAGI☆の日記
2008/02/06 11:35
ハチミツとクローバー 第5話:一番の存在でなくてもいい
稼頭男さん、いい人だ〜。゚+.d(゚▽゚*)゚+.゚イイ!! 稼頭男@橋本じゅんさんは、竹本くんのお母さんの再婚相手なのですね〜{/onpu/} ギャグはしょーもないけど、お母さんへの愛を感じるわ〜{/heart/} ...続きを見る
あるがまま・・・
2008/02/06 16:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして

>「フレンズ」のジョーイじゃないんだから。

読ませていただいていて、そこにジョーイが出てくるとは思いませんでしので、不意打ちで大笑いさえていただきました。
でも、いっそ「フレンズ」のノリで作ってくれたら個人的にもっと楽しかったかもとも思ってしまいました(どんなハチクロやらですが…)
あんの
2008/02/06 01:10
>あんのさん
はじめまして!
自分のフライドポテトを1本取られただけで、ルームメイトの美女を追い出すジョーイですから。スキヤキも肉1枚、しらたき1本単位でシェアすることでしょう。
>「フレンズ」のノリで
それいいですねー!シットコムなハチクロ!全然切なくならなそうだけど(笑)
もちきち
2008/02/06 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ハチミツとクローバー」第5話。 Creme Tangerine/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる