Creme Tangerine

アクセスカウンタ

zoom RSS 西原理恵子「できるかなクアトロ」

<<   作成日時 : 2007/05/02 01:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

週刊SPA!で不定期連載されている「できるかな」シリーズも、いよいよ
4冊目になりました。とはいえ内容はいつものチャンプルー状態で、
「できるかな」自体は全体の3分の1くらいなんですけどねー。
ま、サイバラファンにとってはいつものことで。





「できるかな」で今回チャレンジしたのは、インドのヒジュラ密着取材編、
高須のかっちゃんとの世界ドサ回り編、中国のゴビ砂漠での恐竜化石
発掘編の3つ。真ん中の高須編は何かにチャレンジしたわけではないので、
「できるかな」というよりは「鳥頭紀行」といったほうがいいような気がしますが。

ヒジュラ編のヒジュラとは、いわゆるおかまさんなのですが、男でも女でも
ない、半陰陽の存在としてシャーマンの役割も果たしているそうです。
このときの取材の模様はTBSの「情熱大陸」でも取り上げてましたね。番組
ではこぎれいにまとめられてましたが、マンガのほうはサイバラ節炸裂。
したたかなヒジュラの生活をことごとく(?)暴いていました。しかしヒジュラ
たちの結婚式で自分もヒジュラだって嘘ついたのはよくないんじゃないかなぁ。
向こうも嘘だと見抜いていたのかもしれないけど。

毒舌満載のヒジュラ編ですが、最後のページには泣かされてしまいました。
サイバラがこれを描いたとき、鴨ちゃんの余命はもうわかっていたのでしょうか。
(わかってなくても、同じことを描いてそうだけど)

高須のかっちゃん編は、かっちゃんとの絡みよりもしまこちゃん(岩井志麻子)
とのお下劣ネタのほうが面白かったです。この時のエピソードは、かっちゃんの
「ブスの壁」にも収録されてますね。あまり内容と関係ありませんが、高須編に
載っている写真を見て、初めてしまこちゃんを「結構美人だな」と思いました。
サイバラの似顔絵もそっくりだと思うんですけどね。あのしわが。

恐竜発掘編は、国立科学博物館の冨田教授と中国科学院の李教授が
いい味だしてます。灼熱のゴビ砂漠では水を飲むよりスイカ。食べても食べても
スイカ。スイカは利尿作用があるといいますが、砂漠で食べる、というか飲むと
尿になる前に汗になって消えていくんでしょうか。新保君(結婚おめでとう)の
奥さんのメーテルが妙に似てました。愛ちゃんが書いたのでしょうか。

それにしても、新保君の下の名前って、信長って言うんですか。
名前負けする確率120%なネーミングですね。
それでも新保君はひとかどの人物になった(多分)ので、よかったと思います。

その他「小学六年生」や「新潮45」に掲載された対談モノ(といえるのかどうか
あやしい)と一緒に、サイバラがリアルな美大(予備校)生の青春を描いた
「パチクロ」も収録されてます。いやあ、この「パチクロ」に出てくる野村先輩を
見て、

森田が実在してたらこんな感じよね。

としみじみ思いました。あと、サイバラが「どんどん絵が下手になっている」と
嘆いていたので、「まさかー」と思いつつ「できるかなリターンズ」を読んだら、
確かにあの頃のほうが絵として整ってました。ちゃんと線を引いて、その中に
色が収まっている、という意味で。今の絵ももちろん好きですが。

収録されている、「できるかな」以外の企画モノ、今回はイマイチでした。
サイバラがどうこうの前に、企画自体がイマイチだった、というのも原因かと
(柳美里とか)。「パチクロ」は面白かったし。

未発表作品「わたしはかえるをころしたい」はちょっとわかりにくかったです。。。
子供が自分の中の凶暴性をコントロールできるようになる話なのかな?
ボラをトラックでひき殺すところとかが、海育ちの私にはリアルすぎるのが
敗因だったのかもしれません。昔は波止場で遊んでると、よくクサフグとか
おこぜとかが潰れたのを見かけたからなぁ。

最後の「『いけちゃんとぼく』のあとがき」は、もう涙なしには読めません。
さんざん毒吐いといて、最後にこれなんて、ずるいよサイバラ。


できるかなクアトロ
できるかなクアトロ (SPA COMICS)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
画家・野村昭嘉
先日読んだ怒涛の虫で気になっていた野村昭嘉さんの作品を見てみたいなぁと思って検索。ワタシ、結構好きかも。この間外国の映画の賞でアニメ部門の賞をもらった少しずつ水没する土地に住んでいるおじいさんがどんどん家の上に家を作って生活する話があったけどあんなのを... ...続きを見る
ばみの乱読日記 と猫雑貨。
2009/10/10 06:15
佐賀で野村昭嘉さん企画展 漫画家西原さんが思い出語る
将来を期待されながら26歳でこの世を去った佐賀市諸富町出身の画家、野村昭嘉(あきよし)さん(1964〜91)の作品を一堂に紹介する企画展に合わせて、野村さんと同じ美大予備校で学んだ漫画家西原(さいばら)理恵子さんのトークショーが7日、佐賀市の佐賀県立美術館であった。ホールを埋める約500人が集まり、野村作品の魅力に耳を傾けた。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2013/09/09 17:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
野村先輩って夭折の絵描き「野村昭嘉」さんのことですよね サイバラが亡くなった時追悼文かいていた
サイバラ関係なく好きな絵描きだったの記憶あります。天才肌の良い絵描きでしたよ(絵しか知らないけど)
ちゃき
2008/01/22 12:24
>ちゃきさん
そうだったんですか…。若くして亡くなられたなんて、残念ですね。
もちきち
2008/01/22 23:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
西原理恵子「できるかなクアトロ」 Creme Tangerine/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる