Creme Tangerine

アクセスカウンタ

zoom RSS 「たったひとつの恋」第4話。

<<   作成日時 : 2006/11/04 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「たったひとつの恋」、気がつけばもう第4話になってました。
フジは岸谷五郎の藤枝梅安でしたが、もう土曜日に映画をやるのは
やめたんでしょうか。うちはBSもケーブルも入ってないので、地上波で
映画をやらなくなるのは寂しいです。





そんなことはさておき第4話の感想なのですが…実は今日の夕方、通販で
買った本棚が届いたので必死になって組み立てていたら、気がつくと

前半30分見逃しちゃいました。

慌ててテレビをつけたら、裕子が亜由太のバイト先のカフェで、菜緒の病気の
ことを弘人に説明している場面でした。ずびずばと涙(と鼻水?)を流しながら
菜緒がこれまでどんな苦労をしてきたか語る裕子。養護学校に通っていた
こととか、高校生の時骨髄移植をしたこととか…。移植をしたのが3年前で、
移植してから5年間何も起きなかったら完治、なんだそうです。ということは
まだ菜緒は再発するかどうか微妙な状態、ってことですね。財津和夫が
心配するわけです。裕子は病名を口にしませんでしたが(多分)、イメージは
白血病でしょうか。

裕子が菜緒のことについて思っていたより詳しかったのに驚きました。
なんとなく、裕子と菜緒は大学からのつきあいで、菜緒のバックボーンについて
裕子はあまり深く知らないのでは…と思っていたので。裕子の語る菜緒の話は
泣けてもおかしくない内容なのに、そのへんが気になってつい
「なんであんたそこまで詳しいの?」
と突っ込みたくなりました。裕子が菜緒の幼馴染とかだったら、普通に
受け容れられるんですけどね。でも幼馴染って設定だと、弘人と亜由太と甲が
そうだからダメなのかな?

前半見逃したので、甲と裕子のデートシーンを見ることができませんでした。
そういや高橋真唯も見逃した…。もう出てこないのかな、残念。

弘人の母親が、弘人と菜緒を別れさせようとウソをついたみたいですが
それが弘人にばれたときの母親のセリフ、ちょっと「うっ」と思うものが
ありました。そうよねー、大人の視点からみれば、弘人と菜緒、今はいいとしても
この先どうすんの?なのよねー。だからといって何でも諦めてばかりいたら、
手元に何も残らないんだけど。

今週は前半見逃しちゃいましたが、来週は旅行にいってるのでまるまる
見ることができません。今週のラストで弘人が菜緒の母&兄とご対面して
その後どうなるのかが気になるのですが。その上、なんか弘人の昔の仲間か
なんかよくわからない人たちが菜緒に目をつけてたみたいで。そしてさらに
数少ない香川県出身のイケメン俳優要潤がシスコンの本領発揮をするみたい
だし。ううむ、残念。

ところで、工場で悶々としていた弘人が菜緒の住むマンションまで走っていく
場面を見て、
仕事放り出すなよ!!
と突っ込みたくなったのは私だけ?しかもなかなか帰ってこないし。
あれじゃいつか従業員が逃げ出すかもよ。あと、工場からマンションまで移動に
時間かかりすぎ。あれでよく工場からヨーヨーが見えたもんだ…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「たったひとつの恋」第4話。 Creme Tangerine/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる